masaの介護福祉情報裏板

介護や福祉への思いを中心に日頃の思いを綴ってみました。表の掲示板とは一味違った切り口で、福祉や介護の現状や問題について熱く語っています!!表板は業界屈指の情報掲示板です。

今昔(こんじゃく)物語 を含む記事

老人ホーム・今昔(こんじゃく)物語(下)

(続き)かつては4月になれば、新年度の最初に、年間分の誕生プレゼントをまとめて購入していた。

もちろん新規入所もあるだろうから定員数より多い数である。当然無駄も出るが、問題の本質はそんなところではなく、誕生プレゼントも単なるセレモニーに必要な物品としか考えられておらず、利用者個人々が何を望んで、何を贈られると喜んでいただけるか、という本来の「お祝い」の視点が無かったということである。

しかも誕生祝いは、月の誕生者をある特定の日にまとめて行い、内容もボランティアの「慰問」と称する演芸会を見るというワンパーンで何年も行なわれていた。

こういう状況では、心が通ったお祝い、というふうにはならない。マンネリ化した行事、として機械的に行なわれていた。まさに集団処遇である。

今、我々の施設で行われている誕生日のお祝いは「施設の行事を考える」でも書いているが、それぞれのお誕生日に、担当のケアワーカーが知恵を絞って、いろいろな方法でお祝いがされている。もちろんかかる費用も人により違う(費用上限はもちろんあるが)。ご家族を招いて食事会とか、お茶会というパターンが多いが、なんらかの事情で、お祝いの訪問者がいない方は、職員と街に出かけ買い物とか、食事とかをすることもある。居酒屋で夕食時に1杯、というのもありだ。

少しだけ、街の暮らしに近づいたといえるかもしれない。しかしそんなことより何より、そうした利用者と職員のコミュニケーションやふれ合いから生まれる関係のほうが大切である。

誕生日をどういう方法でお祝いすることが、その方々にとってもっともふさわしいのかを、現場のケアワーカーが知恵を絞って考える過程で、対象の方々の、いろいろな「思い」に気付くことができると思う。できれば、それを、その思いの実現を、誕生日のセレモニーとしてだけでなく、すべての生活支援の場面で考えて生かしてもらいたい。

正直、我が施設も、そこまでには至っていないのが本当のところで、外から見ると、まだまだ改善しなければならないことが多いと思う。

しかし20数年前に、何か新しい取り組みを行なおうとしたときに「変えるエネルギー」を使った頃にくらべると、現場の職員の熱い思いが、サービスの品質の向上に繋がる方向にあるのであれば変革のハードルは低いと思う。

少なくとも僕自身ができることより、できないことから思考するようなバリアになってはならないと思っている。権限のある立場のものが、介護サービスの品質向上のバリアになることほど現場のモチベーションを下げる要因になってしまうからだ。

利用者の生活が良くなる為の、変化に対し、上司が障害そのものになり、その説得に地ならしから始まって、著しい時間がかかるというのでは良いケアへの提案など出せなくなってしまう。

状況を変えるためだけに、エネルギーを使い切って燃え尽きてしまう職員も多いのでは困るのだ。志の高い職員ほど、質の低いサービスを変えようと努力すればするほど燃え尽きに繋がってしまうという状況があったとしたら、これは多大な損失である。

今ある状況が常にベストではない、という意識が施設のトップや管理職に求められるし、ベターな方法に変えようとする職員の思いや提案をしっかり受け止めることが必要だ。それが現場職員のモチベーションに繋がる。やる気のある職員が、やる気のない職員に足を引っ張られて何もできずに燃え尽きてしまう職場は最悪だろう。

やる気のある職員の思いやアイディアが生かされる職場でなければならない。

しかし、同時に、それを「生かす」とは、何もかもが受け入れられる自由とは異なることも一面の真実である。我々のケアサービスは、人の生活に関わるものなんだから「やりすぎ」で失敗は許されないし、単にパフォーマンスに終わってしまってもいけない。

ここのバランスや調整が僕の役割かもしれない。

どちらにしても今、この時点も、数年後にはすぐ「昔」になってしまう。そして我々は決して高いハードルを越えたわけでも、ゴールにたどり着いているわけでもないことだけは間違いない。

介護・福祉情報掲示板(表板)

老人ホーム・今昔(こんじゃく)物語(中)

(昨日からの続き)
入浴といえば、こんなこともあった。

僕の施設は昭和58年に開設されたのであるが、当時、入浴日は火、金の午前が特浴のみ、午後からが一般浴で、まさに入浴日であり、その日は、1日中入浴支援が主サービスという状況であった(人の配置も少なかったが)。特浴介助などは相談員も事務員も「搬送介助」で半日かかりきり、という状況であった。しかし逆説的に言えば、1週間のうち、5日間は入浴支援を「しない日」であったわけである。

そんな状況の中、最初の正月を迎えるにあたって、事務職員が休暇の際の入浴介助をどうするか、ということについて元旦にも入浴支援を行なうことにして実施した。

しかしそれに対して、介護職員から数多くの不満の声が噴出した。

「昔から元旦は何にもしないで過ごす日だ」という意見もあった。こういうことをいう職員は自分は毎年元日には決して入浴しない、という習慣を持っていたのであろうか?そうであっても意味が違うだろう。支援が必要な人に、必要な支援をしないのが昔からの元旦の過ごし方であるとでも言うのだろうか?まさに利用者本位ではなく、サービスを提供する側の論理でしか何事も考えられていない証拠であったろう。

事務所が休みのときに事故があったらどうするの、という主張もあった。できることより、できない理由を探しているようなものだ。今でこそ、年末年始に関係なく、日課としての入浴支援はいつも行なわれているが、当時は事務職員等の年末年始休暇に合わせて、入浴日も変える、という状態がまかり通って、利用者に選択性はまったくない状態であった。

この状況で「生活の質」とか「収容の場から生活の場へ」というキャッチフレーズは、当時の新米職員の僕でさえも知っていた言葉であったが、理念に伴う実践は皆無だったといってよい。

これは変だと気付いても、僕自身にもそれを変える力量も権限も無かった。

それから、当時のホームには個室が無く、4人室と2人室のみであった。

しかもベッドスペースを仕切るプライベートカーテンは、カーテンレールはあるが、実際にカーテンを設置しているベッドは全部ではなく、一部の人のベッドのみであった。

カーテンを設置するのは、自分でカーテンを開け閉めできる人のみであったのだ。つまり自立度の比較的高い人に限られ、オムツを使用してベッド上でおむつ交換が必要な人にプライベートカーテンが設置されていない=他者の目から仕切る配慮が皆無の状態でおむつ交換が行なわれていた、という状況である。

理由は、介護の手間がかかりカーテンが邪魔である、という理由である。オムツ交換のたびにプライベートカーテンを開け閉めするなんて手間はかけられないという理由だ。まさに利用者不在の介護者からの論理でしかない。

さすがに居室の入り口を開けっ放しでおむつ交換をする、なんていうことは無かったが、それでもひどい考え方であった。これは「おかしいぞ」ということで、全部のベッドにプライベートカーテンを設置するよう提案すれば、介護の現場からは手間がかかって意味が無いとか不満が噴出し、事務方からは設置費用という馬鹿げた問題が指摘された。

もともと設置すべきカーテンを使っていないのだから、当然かけるべき経費をかけていないという「当たり前」のことさえも納得させるのに多大な労力を必要とする状況である。

しかし考えてみれば、排泄介助という、羞恥心と関連深い支援行為を他人から見られながら行なわれる利用者の立場に立てば、費用云々など言っている場合ではないし、人前に陰部をさらされるのは、それ自体人権蹂躙だ。そんなこと以前に、自分がその立場に立たされて我慢できるだろうか考えれば自ずと答えは出る。自尊心を喪失しないと暮らせない場所で何が「生活の場」であろうか。

幸い何とかプライベートカーテンは全部の場所に設置したが、職員の意識の低さを変えるのにも苦労した。設置したカーテンを閉めないで「排泄介助」を行う職員がまだまだたくさんいた。うっかりというより、作業的に全ての動作を考えるから、利用者への生活支援という意識が薄いから、機械的作業になっている証拠であったろう。この意識を変えるのにもかなりのエネルギーを消耗したものである。

ポータブルトイレもしかり、単にベッドサイドにポータブルトイレを置くだけで、それを遮蔽するという意識に欠けていることで、利用者の人格は深く傷つく。

排泄ケアの際、羞恥心への配慮が無い職員は「自分がトイレに入った際も決してドアを閉めてはいけない!!」と怒ったのもこの時期のことであった。(明日に続く)

介護・福祉情報掲示板(表板)

老人ホーム・今昔(こんじゃく)物語(上)

大昔のどこか知らない老人ホームの話を書くつもりは無いので安心して欲しい。

20数年前に、僕がこのホームに勤めたときの状況と、今の状況を比べても、それは隔世の感があるほど、様々な考え方に差ができている。当然、サービス提供方法にその差は歴然と現われている。そのことに少し触れてみたい。もちろん回顧録の意味ではなく、すぐ近くに見えている将来のサービスの質向上を考える為である。

老人ホームの常識は世間の非常識、といわれる状況は今日でも完全になくなってはいないだろう。しかしユニットケアの考え方を取り入れたり、利用者中心のサービスの視点を持つようになってから、かなりそれは変わってきていると思う。

食事時間も25年前の特養では夕食を午後4時台に提供していたところはたくさんあった。6時以降の夕食開始が当たり前になっている現在の状況とは大きく異なっている。

しかし当時は夕食を午後5時からにするのさえ大変であった。食事を作る職員、摂食介助をする職員の勤務時間から考えると、どうしても夕食は4時台から始めなければ「運営できない」と考えられていた為である。夕食を食べる時間として適切かという問題は2の次にされていたのであり、12時に昼食を食べた人が、それを食べ終えた4時間後に夕食を食べなければならない生活に慣らされていたという側面は否定できない。

滑稽なことに、この時期でもおやつは3時に出されていたので、利用者はおなかがすく暇もない状況で夕食を「摂取させられていた」のであり、夕食後6時前には臥床させられて、長い夜を眠れないで過ごせば「昼夜逆転」の問題老人というレッテルを貼られることもあった。

夕食が終われば即、就寝時間なんていう非常識がまかり通っていた証拠である。こういう時代には夜間入浴という発想自体が難しかった。

そういう問題処遇であることに気付かない我々がそこにいたわけである。いや大学を出たばかりの僕にもなんとなく、その「不自然さ」はわかったが、それを変える術が無かった。見つけられなかった。むしろその非常識に染まりかけている自分がいた。

それから入浴支援も介護者の論理でサービス提供されていた。

週2回の入浴はマックスで2回、というのが常識で、1日おきとか、せめて週3回は入浴したいという利用者の「思い」は当然のことのように「少数意見」として無視されていた。意見を言える人の思いさえかなわないのだから、職員が利用者の代弁者となって、物言えぬ「思い」までケアに取り入れようとする考えには当然ならない。そこまで行く前に、入浴日自体が週のうちの2日間しか設定されていなかったから機械的に入浴日は限定され、入浴日以外に入浴できる状況そのもの、が無かったし、それも当然と考えられていた。

そうすると例えば火曜と金曜を入浴日としている場合、水曜にショート入所して金曜午前に帰る人とか、土曜に入所して月曜に帰る人は、当然のように「ショート利用中に入浴日は無い」ということで入浴支援を1度も受けることなく自宅に戻られる、という状況があったわけである。

今現在は、そんなホームはないだろう。

入浴できる日は毎日で、夜間入浴も可能、当然のことながら週2回という入浴回数はマックスではなく最低限確保されるべき回数として当たり前に考えられ、入浴回数も自由に選択できる、というのが当たり前だし、ショート期間中に入浴ができないなんて事はあり得ないであろう。

むしろ今、僕の施設のショートを利用する人の「動機」のひとつには毎日温泉に入れる、という理由もあるので、ショート期間中、毎日入浴する人も珍しくはない。担当の介護支援専門員はショート利用の際には、ぜひこの希望も利用者に確認して、遠慮なくショート担当職員に告げていただきたいと思っている。

しかしそんな状況になったのは、そう遠い昔ではなく、最近といっても良い時期からのことでもあることは事実なのである。後戻りは決して許されないが、まだまだそのケアには「及ばない部分」が存在する、という前提で日々のケアを振り返らねばならない。(明日に続く)

介護・福祉情報掲示板(表板)
新刊出版のご案内
きみの介護に根拠はあるか
新刊「きみの介護に根拠はあるか〜本物の科学的介護とは(2021年10月10日発売)のamazonからの取り寄せはこちらをクリックしてください。
masaの講演案内
当ブログ管理人masaの講演予定は、こちらからご覧下さい。講演依頼もこのページからできます。
Weekuly Access

    記事検索
    Blog Search
    Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
    ↑こちらにキーワードを入れて過去のブログ内記事を検索できます。
    masa's book 6
    表紙画像(小)
    新刊「看取りを支える介護実践〜命と向き合う現場から(2019年1月20日発売)のネットからの購入はこちらをクリックしてください。送料無料です。
    masa's book 5
    新刊介護の誇り
    「介護の誇り」はこちらから購入できます。
    masa's book 4
    介護の詩(うた)  「介護の詩(うた)」はこちらから購入できます。
    masa's book 3
    人を語らずして介護を語るなTHE FINAL 誰かの赤い花になるために  感動の完結編。 「人を語らずして介護を語るな THE FINAL 誰かの赤い花になるために」。 はこちらから購入できます。
    masa's book 1
    表紙カバー、帯付き
    書籍化第1弾「人を語らずして介護を語るな〜書籍masaの介護福祉情報裏板」 はこちらから購入できます。
    Facebook
    masaのフェイスブックはこちらからアクセスしてください。
    Recent Comments
    Archives
    Categories
    Access Counter
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    QRコード
    QRコード