masaの介護福祉情報裏板

介護や福祉への思いを中心に日頃の思いを綴ってみました。表の掲示板とは一味違った切り口で、福祉や介護の現状や問題について熱く語っています!!表板は業界屈指の情報掲示板です。

アンケート

通所介護に関するアンケートの集計結果について


週の初めの今日月曜は、僕にとって東京への移動日である。そのためこの記事は、「新千歳空港・さくらラウンジ」から更新アップしている。

明日は午前中に朝日新聞本社で取材を受け、午後7時からYouTubeでのオンライン講演を生配信する前に、夕方から11月分のオンライン講演の録画も行う予定になっている。

土曜の更新記事、「抜本的介護人材対策のない介護離職ゼロ社会は実現不可能。」でもアナウンスしたが、明日19:00〜UCHIDAビジネスITオンラインセミナー介護施設における人材育成のポイントは?」には、すでに200名を超える申し込みをいただいているが、駆け込みの申し込みはまだ可能なので、明日19時から1時間の時間がとれる方は、文字リンク先からお申込みいただきたい。

僕はその後明後日に一旦北海道に戻り北広島市で講演を行った後、11日から三重県鈴鹿市〜名古屋〜大阪〜東京と周る予定になっている。そんなふうに少しだけ僕の日常も戻りつつあるが、感染予防対策をしっかり施して体調を万全に整えておかねばと思う。

デザイナーの高田賢三さんが新型コロナウイルスに感染し亡くなったという訃報も入ってきており、まだ十分に注意をしなければならないと気を引き締めているところだ。

ところで先々週の土曜日から皆さんに投票をお願いしていたアンケートの結果を週末に集計し終えた。その内容は、アンケート「コロナ禍で通所介護のサービス提供方法は変わりましたか?」の結果発表で確認できるので参照願いたい。
通所介護のアンケート集計結果
参照リンク先では、皆さんから寄せられたすべてのコメントが、回答別に読むことが出来るようにした。

感染予防策として新たに行うようになったことについては、共通していることも多いが、なるほどと思える工夫も書かれているので、大いに参考になると思う。

このPDFファイルは、14日(水)大阪市社会福祉センター3階から配信する、大阪市老連・デイサービス連絡協議会主催オンライン講演、「withコロナ デイサービスの経営とサービス提供〜新型コロナからデイサービスを護るためにすべきこと」の資料としても使う予定にしている。回答にご協力いただいた方々には、この場を借りて深く御礼を申し上げたい。本当にありがとうございました。

なお大阪市老連のデイサービス連絡協議会主催オンライン研修は、すでに定員いっぱいとなり申し込みを締め切っているのでご了承願いたい。

コロナ禍以前と変わったことについて、サービスメニューの変更例が多数コメントされている。

外出行事をしなくなった・ボランティアによる行事をやめた・大きなイベントを行わなくなったというほか、カラオケをやめたというコメントが複数見られた。

大きな声を出すために感染リスクが高いと言われるカラオケは、通所介護メニューからほとんど消えているのが現状だ。緊急事態宣言が解除された後、全国の複数のカラオケカフェがクラスター感染源となったことも記憶に新しく、メニュー復活の目途は立っていない。

そもそもカラオケは、心身活性化効果や機能訓練効果を目的として行われているが、多分に時間つぶしの印象をぬぐえない感もある。

20人規模の比較的大きな集団でカラオケを行う場合、歌っている本人はともかく、聴かされているだけのだけの人は手持無沙汰で、暇そうに興味なさげにしていることも多い。

カラオケが本当に通所介護サービスメニューとしてふさわしい活動なのか、僕はかねてより疑問を持っていたので、これを機会にカラオケで唄わないデイサービスを目指すのも一つの手であると思っている。今後の通所介護の集客の売りの一つに、「感染予防策がどの程度とられているか」という要素が加わっていくことを考えても、それは経営戦術の一つとなり得る。(※戦略にはならないが・・。)

さすればカラオケに替わる新たな心身活性化・機能訓練効果の高いサービスメニューを取り入れていかない通所介護事業所は、利用者に選ばれない事業所として廃業へと向かわねばならないことになりかねない。

14日の大阪市老連講演では、そうした観点から新しいサービスメニューの提案も行う予定になっている。カラオケは個人の余暇活動としての保険外利用か、市町村の総合事業の通いサービスに任せておくことでも十分なような気がする。

しかしそうしてはならないサービスメニューも中断されている。

同じく声を出す、「口腔体操」・「口腔リハビリ」を中止しているというコメントも複数書かれている。しかしこれはカラオケ中止よりはるかにダメージが大きい重大な問題である。

高齢者にとって口腔機能の維持は、栄養状態と健康状態の維持につながる重要な問題である。自立支援としては欠かすことができないサービスメニューでもある。

介護報酬改定の論点の一つ、「自立支援・重度化防止の推進」の中でも、「リハビリテーション、口腔・栄養等を始め、各介護サービスの評価について、妥当性のある評価指標の在り方の検討」が主要テーマの一つとして挙げられていることを考えても、口腔機能維持の取り組みを行わない・行えない通所介護となってしまえば、それは即ち通所介護不要論につながりかねない問題になるからだ。

だからこそ口腔体操が、withコロナの中でもごく日常的に実践できるように工夫が必要となる。口腔体操を実施する際には、従業員も利用者も、マスクに加えてフェイスシールドをごく当たり前に使用する習慣づけが必要となる。よって今後の通所介護事業所には、フェイスシールドを通常装備品と考えて、事業所負担で備え置くべきだと考えている。(参照:介護事業者に通常装備が求められるフェイスシールドとマウスシールド

大阪市老連の講演会では、こうした新たらしい時代に合わせた、新たな通所介護サービスの具体像を、実践できる方法論として語るので期待してほしい。ただしこの講演は、会員限定であるのでご了承いただきたい。
登録から仕事の紹介、入職後のアフターフォローまで無料でサポート・厚労省許可の安心転職支援はこちらから。

リスクのない方法で固定費を削減して介護事業の安定経営につなげたい方は、電子ブレーカーで電力料金を賢くコストカットしませんか?をクリックしてください。
まずは無料見積もりでいくらコストダウンできるか確認しましょう。




※別ブログ
masaの血と骨と肉」と「masaの徒然草」もあります。お暇なときに覗きに来て下さい。

北海道介護福祉道場あかい花から介護・福祉情報掲示板(表板)に入ってください。

・「介護の誇り」は、こちらから送料無料で購入できます。

masaの最新刊看取りを支える介護実践〜命と向き合う現場から」(2019年1/20刊行)はこちらから送料無料で購入できます。

通所介護の緊急アンケートにご協力ください


コロナ禍で、通所サービスは大きな打撃を受けた。

営業自粛する必要がなかった地域でも、感染を恐れた利用者が、しばらく外出を控えるので通所サービスも休むという利用自粛が相次いで、事業経営上大きな影響を受けた通所サービス事業者も少なくない。

現にほぼ2月間サービス提供ができずに、収益がゼロになった小規模事業者で、倒産・廃業に追い込まれたところもある。

一方で、全国に緊急事態宣言が出された後に、通所サービスは全国的にサービス提供を自粛する動きも広がる中で、認知症の利用者が社会参加する場所がなくなり認知機能の低下がみられたり、出かける場所がなくなった要介護高齢者の身体機能の低下事例も報告され、通所サービスの効用が改めて見直されることにもつながった。

通所介護利用による社会参加と他者交流による、心身活性化の効果も改めて認識されたのである。

そんな中で、今現在はほとんどの通所サービス事業所がサービスを再開している。

しかしコロナ禍が収まったわけではないし、クラスター感染が発生している状況も変わっていない。新型コロナウイルスの影響はまだ数年続くとみられており、この冬の感染の広がりが大きく懸念されている状況である。

通所サービス事業所は、コロナ以前とは異なる対応が求められていのである。しかしその対応については事業所ごとに判断している状況である。

そこで具体的にそれぞれの事業所で、どのような対応が行われているのか、通所介護事業所に向けたアンケートを、先週の土曜日から1週間限定で行っている。
通所介護関係者の皆様には、ぜひこのアンケートに協力していただきたい。その際にコメントに具体的対応を書いていただくことをお願いしたい。

この結果は、来週月曜日の更新記事で紹介するとともに、10/14(水)14:00〜16:00の予定で配信される、一般社団法人・大阪市老人福祉施設連盟・デイサービス連絡協議会主催研修(Zoom研修)、『Withコロナ・ デイサービスの経営とサービス提供〜新型コロナから事業所を守るためにすべきこと〜』でも報告したいと思っている。

この研修会では、コロナ禍における国が示した特例対応をまとめ、その解説を行うとともに、特例について事業所がどう対応すべきか、利用者にその内容をどのように伝えるべきなのか、特例対応について関係者(利用者の計画担当ケアマネ等)とそのように連携すべきかについて考え方を示す予定である。

感染症緊急包括支援事業におけるかかり増し経費の助成や慰労金等についても解説する必要があるだろうし、さらに持続化給付金の活用についても情報提供したい。

ほとんどの通所介護事業者は、4月もしくは5月の売り上げが前年同月比で50%以上減少したしていると思われ、多くのケースで上限200万円の給付を受けられるのに、まだ申請していない通所介護事業者がある。この給付金は売り上げが回復して、年ベースで事業収入が前年度を上回っても返す必要がない給付金だ。ぜひ活用してほしい。

コロナウイルス感染予防対応真っただ中で、研修会などの情報伝達機会が途絶える状況で特例対応通知等が出されたことで、誤った解釈をしている関係者も数多くみられた。そのことも懇切丁寧に説明して正したいと思うし、見逃している情報がないかも確認していただきたい。

そのうえでWithコロナのデーサービスの在り方を考える内容になっている。

3密(密閉・密集・密接)を避けて介護サービスを提供するなんてことは実際には不可能だし、集団対応が基本である通所サービスにおいて、完全に感染を防ぐ方法は存在しないと言ってよいのだから、そのうえで考え得る感染予防対策について、実効性の高い方法を示したい。

そしてこの時期だから、来春に迫った介護報酬改定について、通所介護では何が改定議論の俎上に上り、どういう方向で議論が進められ、実際の通所介護費はどうなっていくのかという予測も示したいと思う。

Zoom研修ではあるが、僕は前日の名古屋講演を終えた足で大阪入りして、当日は大阪市上本町の 市立社会福祉センターまで出向き、そこから配信する予定にしている。受講者数に限りがあるので、ご希望者は早めに研修名に張り付いたリンク先を参考にしてお申し込みいただきたい。ただしこの研修は、会員のみが参加できる研修で、一般参加は受け付けていないのでご了承ください。

ということでアンケートへのご協力を再度お願いしながら、本日の記事更新を締めたいと思う。
登録から仕事の紹介、入職後のアフターフォローまで無料でサポート・厚労省許可の安心転職支援はこちらから。

リスクのない方法で固定費を削減して介護事業の安定経営につなげたい方は、電子ブレーカーで電力料金を賢くコストカットしませんか?をクリックしてください。
まずは無料見積もりでいくらコストダウンできるか確認しましょう。




※別ブログ
masaの血と骨と肉」と「masaの徒然草」もあります。お暇なときに覗きに来て下さい。

北海道介護福祉道場あかい花から介護・福祉情報掲示板(表板)に入ってください。

・「介護の誇り」は、こちらから送料無料で購入できます。

masaの最新刊看取りを支える介護実践〜命と向き合う現場から」(2019年1/20刊行)はこちらから送料無料で購入できます。

配置基準緩和案に対する緊急アンケートにご協力ください


厚労省は介護事業者の人手不足の対策として、「介護ロボット・ICTの活用や基準の緩和」が必要であるとして、介護機器等の導入を条件として、ユニット型施設の1ユニットあたりの入居定員を15名程度(現在は概ね10名)まで増やすことや、2ユニットで職員1人の体制を日中でも認めることなど、人員配置基準の緩和(削減)案を介護給付費分科会で委員に示しています。

そこですべての介護関係者の方に緊急のアンケート調査を実施したします。

あなたは介護機器等を最大限導入・活用されたと想定して、今より少ない人数で利用者対応することが可能だと考えますか?人員配置緩和(削減)に賛成か、反対かを教えてください。コメント欄に是非ご意見もお書きいただければ幸いです。

なお性別・年齢・地域は選択しなくても投票可能となっておりますので、選択肢のみ、あるいは選択肢とコメントだけ投票いただいてもかまいません。
このアンケートは、「結果を見る」という部分をクリックすると、リアルタイムにすべての人が結果も確認できます。

回答期限は9/19(土)24時としております。

介護現場の生の声を国や各種職能団体に正しく伝え届けるために、数多くの皆様にアンケートのご協力をお願いいたします。

しかし国に届けたいのは賛成・反対といった投票結果のみならず、介護サービスの場で汗を流している人たちのリアルな声です。真実の叫びなのです。そのため繰り返しになって恐縮ではありますが、是非コメント欄に皆さんのお気持ち・訴え・意見などをお書きくださいますようお願い申し上げます。

どちらにしても自分をしっかり護ってくれる環境で働きたいものですね。そんな職場探しのポジティブな転職は許されると思います。そのためには下記のような信頼できるサイトにまず登録して、自分の才能を生かすことができる場所でのびのびと働いてください。
登録から仕事の紹介、入職後のアフターフォローまで無料でサポート・厚労省許可の安心転職支援はこちらから。

※リスクのない方法で固定費を削減して介護事業の安定経営につなげたい方は、介護事業のコスト削減は電気代とガス代の見直しから始まりますを参照ください。まずは無料見積もりでいくらコストダウンできるか確認しましょう。




※別ブログ
masaの血と骨と肉」と「masaの徒然草」もあります。お暇なときに覗きに来て下さい。

北海道介護福祉道場あかい花から介護・福祉情報掲示板(表板)に入ってください。

・「介護の誇り」は、こちらから送料無料で購入できます。

masaの最新刊看取りを支える介護実践〜命と向き合う現場から」(2019年1/20刊行)はこちらから送料無料で購入できます。
masaの講演案内
当ブログ管理人masaの講演予定は、こちらからご覧下さい。講演依頼もこのページからできます。
新刊のご案内
表紙画像(小)
新刊「看取りを支える介護実践〜命と向き合う現場から(2019年1月20日発売)のネットからの購入はこちらをクリックしてください。送料無料です。
Weekuly Access

    記事検索
    Blog Search
    Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索
    ↑こちらにキーワードを入れて過去のブログ内記事を検索できます。
    masa's book 5
    新刊介護の誇り
    「介護の誇り」はこちらから購入できます。
    masa's book 4
    介護の詩(うた)  「介護の詩(うた)」はこちらから購入できます。
    masa's book 3
    人を語らずして介護を語るなTHE FINAL 誰かの赤い花になるために  感動の完結編。 「人を語らずして介護を語るな THE FINAL 誰かの赤い花になるために」。 はこちらから購入できます。
    masa's book 1
    表紙カバー、帯付き
    書籍化第1弾「人を語らずして介護を語るな〜書籍masaの介護福祉情報裏板」 はこちらから購入できます。
    Facebook
    masaのフェイスブックはこちらからアクセスしてください。
    Recent Comments
    Archives
    Categories
    Access Counter
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    QRコード
    QRコード