今日は暦の上では祝日(天皇誕生日)である。その為、仕事が休みの人も多いのだろう。

現在フリーランスで仕事をしている僕は、世間の暦とは関係なく暮らしているので、今日も朝からデスクワークを行っていた。今日が祝日の休みの日ということも気づかなかったが、ネット検索をしていて、祝日関連情報に触れて初めて気が付いた。

その為、今日のブログ更新記事は、自宅で休んでいる方も気楽に読むことができる内容にしようと思い立ち、久しぶりでグルメニュースでも書こうかと考えた。

というのも今週水曜日、久しぶりに昼食を地元室蘭市中島町の店で摂ったところ、これが絶品だったのである。それも決して高い値段というわけではなく、この料理でこの値段は安いと思う料理に出会ったので紹介しておこう。

ということでそのご飯画像が下記である。
鉄火丼
東室蘭駅のほど近くにある、「かねまつ」の「鉄火丼」は、鮪の中トロと赤身がご飯が見えなくなるほどたっぷり盛られている。ご飯は酢飯。

しかもヒラメの刺身(これも絶品の味だった!!)が別皿でついてきて、きんぴらごぼうと漬物・味噌汁がついている。

これで値段はいくらだと思うだろうか・・・何と税込み1.380円である。

普段なら昼飯に1.000円を使うのは贅沢すぎると思うが、この内容なら1.000円を超えても許されるだろう。それだけ満足できる味と量である。

ちなみにこのお店は夜は居酒屋で、昼は月〜水の3日間しか営業していない。メニューは日替わりであるが、うな丼1.500円だけは、いつも提供されているようだ・・・うな丼のこの値段も驚きであるが、この日は他に1.000円で鮭かま焼き定食と、鮭かま煮つけ定食が用意されていた。

どれも旨そうで、何を選ぼうかと迷ったが、鉄火丼は数量限定ですぐなくなるそうなので、これにした。そしてそれが大正解だった。お腹もいっぱいになり、幸せな気分に浸れた。

登別や室蘭(※両市の生活圏域はほぼ同じである)は、海(太平洋)に面した街なのに、名物料理といえば室蘭やき鳥とか室蘭カレーラーメンが最初に思い浮かぶ土地柄である。

すぐ近くの苫小牧市は、おもうまい店に登場する人気店・マルトマ食堂など、海鮮系のメニューが豊富でおいしいお店が多いのに、室蘭の海鮮系料理店はあまり話題に上らない。

そんな中で、こうした鉄火丼などの海鮮系丼の美味しい店があることも知ってもらいたい。

でも今日紹介したお店は狭いし、並んで食べるようになっても困るので、わざわざ食べには来ないでほしいということを書き添えておこう・・・。


※別ブログ「masaの血と骨と肉」と「masaの徒然草」もあります。お暇なときに覗きに来て下さい。

北海道介護福祉道場あかい花から介護・福祉情報掲示板(表板)に入ってください。

・「介護の誇り」は、こちらから送料無料で購入できます。


masaの看取り介護指南本看取りを支える介護実践〜命と向き合う現場から」(2019年1/20刊行)はこちらから送料無料で購入できます。
きみの介護に根拠はあるか
新刊「きみの介護に根拠はあるか〜本物の科学的介護とは(2021年10月10日発売)Amazonから取り寄せる方は、こちらをクリックしてください。