僕たちは対人援助の専門家として、利用者の最もプライベートな生活空間に深く踏み込んで、利用者の心の内側にある喜怒哀楽にスポットを当てながら、利用者の暮らし全般に介入する仕事をしている。

そこでは解決しなければならない様々な課題があり、利用者の心の内側を見渡して、口にできないニーズや悩みをあぶりだす必要に迫られることがある。

しかしどこまで利用者の心の闇や、差し迫った悩みに触れて、そこに介入することができるのだろう・・・。

そんなことを考えさせられたのが、「制度の影をアンタッチャブルにしないために・・・。」で触れた殺人事件である。

昨年11/2日夕方、神奈川県大磯町の漁港で79歳の妻を、車いすに乗せたまま海に突き落として殺害したとして81歳の夫が逮捕されたが、夫は妻を、「散歩に行こう」と誘い出したうえで、殺害行為に及んでいる。

しかし犯人となった夫は、40年以上も妻の介護を親身に行い続けてきたのである。その夫の心に忍び寄ったを、周囲の誰かが感じ取ることができた可能性はあるのだろうか・・・。

介護サービス利用者や、その家族の心に、制度の影が作り出した闇がいつの間にか忍び込んだ時、私たちがどんなに目を凝らしても、それを見つけられない時があるのではないだろうか・・・。

殺害された妻は、通所介護を利用していたそうである。その為当然計画担当者としての介護支援専門員の介入がされている。・・・事件後、その担当ケアマネジャーに、「なぜそのような深刻な状態になっていることに気が付かなかったのだ」という非難の声が浴びせられたそうだ。

しかしその批判はあまりにも容赦なさすぎるし、短絡的で無責任な批判であるように感じた。

事件に至る経緯を深く掘り下げてみれば、あるいはどこかに犯行に及んだ夫のSOSのサインが潜んでいたのかもしれない。しかし普段、問題なく介護サービスを利用している人の、家族の心のひだにすべて細かく触れることができるとは限らない。

介護支援を必要とする利用者や家族は、様々な状況等で心を揺らせている。その際にケアマネを含めた周囲の関係者に、吐露できない思いを悶々と抱いていき、そのことが闇となって心を覆い隠した際に、その闇がふと魔に導くという衝動は、誰も気づくことができないのではないだろうか。

それらの心のひだをすべて見つけ出せるようなソーシャルワークなんて存在しないだろう。自ずとそこには限界点があるということだ。
本音に寄り添う介護
だからと言って私たちは、その限界点にあきらめを感じて、何もしないでいてよいということにはならない。

その限界点を少しでも引き上げ、利用者や家族の心のひだに触れ、その心を覆い隠す闇や、闇を魔に導く要素をできるだけ払いのける努力が求められるのだ。

僕はその限界点を引き上げるきっかけの一つに、人生会議があると思う。人生会議を積み重ねる過程で、利用者や家族は、自分や自分の愛する人の命と、その命の尽きる時を想像することになる。

自分や自分の愛しい人の命の燃やし方、命の尽きる時を考える過程で、心に抱きつつも誰にも吐露できなかった思いを、自分の思いを代弁してくれる介護支援者等に話す気になるときがあるのだ。

人生会議に携わって、そこで介護支援専門員が利用者の代弁機能を果たすために、懸命に手を差し伸べてくれる姿に触れたとき、利用者や家族は、そうしたケアマネに自分が抱えていた心の闇を含めた思いを吐き出すときがあるのだ。

だからこそ人生会議は重要となる。

その人生会議をテーマにしてオンライン講演を配信中である。先日12/16に配信した、「エンディングをデザインする〜人生会議」の続編を、1月19日(木)14:00〜15:00まで、オンライン配信する予定になっている。
※無料視聴可能・事前申し込み不要

先月配信した1回目のオンライン講演では、リビングウイルの支援として人生会議の役割がいかに重要であるかということを話したが、介護従事者が利用者の人生会議に関わるにあたって、いきなりリビングウイルの支援という形で入るのではなく、もう少しソフトなとっかかりとして、「終活支援」とした方で入る方が、入口のハードルが低くなる。

そのため第2回目配信では、終活支援をメインに、そこで必要な知識などを話す予定だ。

さらに人生会議に介護支援専門員として関わるに際して、事前に知っておくべき知識として、「財産管理等委任契約」・「日常生活自立支援事業」・「任意後見制度」なども確認しようと思う。

視聴さの皆さんが知ってることの確認の意味でも、是非視聴してほしい。料金はかからないので、自由にIDとパスコード(下記ポスターに記載されています)を使ってZoomに入っていただきたい。

2回目配信分は、1回目とIDやコードが異なるので、1/19分を確認することを忘れないでほしい。

それでは1/19(木)、画面を通じてお愛しましょう。
人生会議

登録から仕事の紹介、入職後のアフターフォローまで無料でサポート・厚労省許可の安心転職支援はこちらから。






※別ブログ「masaの血と骨と肉」と「masaの徒然草」もあります。お暇なときに覗きに来て下さい。

北海道介護福祉道場あかい花から介護・福祉情報掲示板(表板)に入ってください。

・「介護の誇り」は、こちらから送料無料で購入できます。

masaの看取り介護指南本看取りを支える介護実践〜命と向き合う現場から」(2019年1/20刊行)はこちらから送料無料で購入できます。
きみの介護に根拠はあるか
新刊「きみの介護に根拠はあるか〜本物の科学的介護とは(2021年10月10日発売)Amazonから取り寄せる方は、こちらをクリックしてください。