意思決定能力が低下する場合に備えて、あらかじめ終末期を含めた今後の医療や介護について、本人と家族が医療者や介護提供者などと一緒に話し合って考えておき、本人に代わって意思決定をする人も決めておくプロセスをAdvance Care Planningアドバンス・ケア・プランニング)= ACPと言います。

米国で初めに広がったACPという概念は、我が国では医療関係者の間から広まるようになり、現在では医療関係者間でACPという言葉がごく当たり前に使われるようになりました。そしてその概念の共通認識も高まりました。

しかしACPを必要とするのは、医療関係者などの専門家に限りません。特に超高齢化社会を迎えた我が国においては、数多くの国民がACPを必要とすることが予測されます。

だからこそもっと国民全体にACPという概念を理解してもらう必要があります。そうすることにって多くの国民が自分の死に備えた準備をしておくことができ、最期の瞬間まで安心して生きられることにもつながるのです。

そのため厚生労働省は、ACPの概念を国民に広げることを目的として、2018年11月30日 ACPの愛称を、「人生会議」に決定しました。
※一般から募集し、応募総数1,073件の中からACP愛称選定委員会が決定したものです。

よって本ブログでは以下、人生会議という言葉をACPという意味で用います。

人生会議が提唱される前の米国では、「自分が意思決定できなくなったときの医療行為や、代理意思決定者を文書で表明する」AD(事前指示)が推進されていました。

しかしADが自分一人で書類を作成すれば成り立つがゆえに、どのように終末期を過ごす選択肢があるのかを話し合う過程や機会に欠けたまま、自分が持つ情報範囲のみで意思決定がなされる傾向にありました。

それが果たして人生の最終ステージを豊かに生きることに繋がるのかという議論にも結び付きました。

そしてADに替って必要とされるようになったのが人生会議なのです。

人生会議は、本人・家族などの代理意思決定者・医療者・介護関係者が、終活期の医療や介護や、暮らし方全般について話し合って決めることを重視している点でADとの違いがあります。人生の最終ステージの選択肢の広がりにも結び付きます。

さらに話し合いを重ねることで関係者の相互理解が深まり、人生会議の主役である本人の幸福感・満足感が高まる効果が認められています。よって多くの医療関係者がそれを推奨したという経緯があるのです。

こうした人生会議には介護支援者の参加も不可欠です。しかしそこにどのような立場で参加し、どのような支援協力をしたらよいのかと悩んでいる介護関係者も少なくありません。

そこでこの度、その疑問に応えるべく、介護関係者の立場から人生会議に参加して、利用者支援を行う視点や方法を解説するオンライン講演を行うことになりました。
人生会議
この講演は、昨年札幌に新規開業した完全リモートワークの居宅介護支援事業所、「株式会社279(つなぐ)つなぐ手ケアマネセンター」がオープンセミナーとして無料配信するもので、同社のご理解とご配慮によって、どなたでも事前申し込みなしに自由にアクセスして視聴できることになっている。

なんとも太っ腹の対応で、「株式会社279(つなぐ)つなぐ手ケアマネセンター」さんには心より感謝したい。

しかも誰がZOOMにつなげているのか、個人を特定することはできません。主催者が把握できるのは視聴人数だけですから安心して匿名でも結構ですのでつなげてください。僕を嫌いな方でも遠慮なく視聴できますよ。

つなぎ方は、「エンディングをデザインする〜人生会議」の文字リンク先をクリックして、チラシのQRコードをカメラで取り込んでZoomウエッビナーにつなぐこともできます。

そのほか、Zoomが使えるPCやタブレット、スマホなどでZoomに入ります。そして各自のアカウント(無料登録してください)でサインインして画面右上の、「ミーティングに参加する」をクリックしてください。するとIDを入力する画面が出てきますので、IDを入れて参加するをクリックすると、パスワードを入力する画面になります。そこにパスワードを入力すると入室できます。マイクをミュートにして視聴ください。

明日12/16に続いて、1/19に第2回目の配信も行いますので、どちらもお見逃しなくご覧になってください。

それでは画面を通じてお愛しましょう。
登録から仕事の紹介、入職後のアフターフォローまで無料でサポート・厚労省許可の安心転職支援はこちらから。






※別ブログ「masaの血と骨と肉」と「masaの徒然草」もあります。お暇なときに覗きに来て下さい。

北海道介護福祉道場あかい花から介護・福祉情報掲示板(表板)に入ってください。

・「介護の誇り」は、こちらから送料無料で購入できます。

masaの看取り介護指南本看取りを支える介護実践〜命と向き合う現場から」(2019年1/20刊行)はこちらから送料無料で購入できます。
きみの介護に根拠はあるか
新刊「きみの介護に根拠はあるか〜本物の科学的介護とは(2021年10月10日発売)Amazonから取り寄せる方は、こちらをクリックしてください。