今週月曜日に、岩手県介護福祉士会宮古広域連合の方々と月末に行う講演の打ち合わせを行った。

7月23日(土)14:00〜16:00に予定している、「令和4年度岩手県介護福祉士会宮古広域支部研修会」の進行になどについて話し合うためだ。

当日の講演もZoomでオンライン配信する予定である。介護福祉士会の会員様向けの講演であるが、今回は特養における看取り介護をテーマとしているので、特養の看護師・介護支援専門員・相談員・栄養士さんなども受講してくださるようである。
masaの看取り介護講演
そのためのポスターチラシを岩手県介護福祉士会宮古広域支部事務局のHさんが作成してくださった。

この打ち合わせに先立って事務局の方が、受講予定者の皆様がどのような内容について知りたいかというアンケートを取ってくださった。その主たる内容は以下の通りである。
-------------------------------------------------------------------------
〔眠饑限の中、家族が利用者を知る機会が減ってきて いる。電話や手紙にて連絡 は行っているが、体調が悪化した際など、家族から「こんなになっているとは思わなかった」とショックを受けたりされることがある。ZOOMなどの環境が整っていないご家族も多い中、のようにご本人の様子 を伝えていったら よいのでしょうか。

∋楡澆箸靴董▲繊璽爐箸靴憧納茲蠅砲弔い動媚彭 一をどうすればよいのでしょう か。現場の介護職員は、病院に連れて 行った方がよい(本人が辛そうだから)と 言う意見が多い。しかし、病院で入院治療をすると、拘束されて点滴をしたりと本人にとって苦痛になるケースも多く存在す る。そして、退院 出来ずにそのまま亡くなる事もある。『入院治療を受ければ、元気になって帰ってくるのではないか』、『入院させたい訳ではない。何でこの 様な状態になったのか理由(原因)だ けでも知りたい』、という介護職員の思いも分からなくはないが、その点をどう考えて、現場の介護職員にどの様に伝えたらよいか迷う。その 上で看取りについての内部研修をどのように取り組んでいけばよいか悩んでいる。

デスカンファレンスを行い自身のケアを見つめ直す機 会があるものの、後悔を受 け止める事が出来ない職員が多く、自己満足が強いカンファレンスになってしまっている感じを受ける。意義のあるデスカンファレンスをする にはどうすればよいのでしょうか。

し亳海浅い職員を中心にメンタルヘルスケアの重要性を感じて おりどのように取 り組んでいけばよいか、具体的な事を教えてほしい。
-------------------------------------------------------------------------
これらの疑問は、他の看取り会場講演会場でもよく質問される内容である。皆さん同じような悩みを抱えながら、その答えを求めて日々の実践に努めていることがわかる。

これらの疑問については、「こうした方が良いと思います。」という答えをするのではなく、「こうしています。その結果こうなりますよ」と答えられるのが実践者である僕の強みであると思う。

特に看取り介護については、全国の度の特養よりも先を走ってきたという自負があり、それらの疑問の答えを介護実践の場で、僕の仲間と共に解決してきたのだから、その具体例を話せばよい。つまりそれは僕らがやってきたことであり、今も僕の後輩たちがやっていることなので、やろうと思えば全国のどこの誰でも、「できること」なのである。

このように僕の講演には、空論は存在しない。あとは受講された方の、「本気のやる気」の問題である。

そのやる気を出してもらうためにエールを送る動画をいつも作成している。今回は岩手県の宮古広域支部の皆様が徐行対象者であり、北から久慈市・野田村・普代村・田野畑村・岩泉町・宮古市・山田町・大槌町・釜石市・大船渡市の10市町村の方が退所となっているので、その地域をすべて網羅する応援動画、「LOVE明日につなぐ介護・岩手宮古広域支部編」を作成した。

岩手県の10市町村の美しい景色と共に、僕から贈る言葉をご覧いただきたい。岩手県宮古支部以外の方も、是非ご覧になってほしい。

それでは岩手県宮古広域支部の皆様、7/23はZoom画面を通じてお愛しましょう。
登録から仕事の紹介、入職後のアフターフォローまで無料でサポート・厚労省許可の安心転職支援はこちらから。






※別ブログ「masaの血と骨と肉」と「masaの徒然草」もあります。お暇なときに覗きに来て下さい。

北海道介護福祉道場あかい花から介護・福祉情報掲示板(表板)に入ってください。

・「介護の誇り」は、こちらから送料無料で購入できます。

masaの看取り介護指南本看取りを支える介護実践〜命と向き合う現場から」(2019年1/20刊行)はこちらから送料無料で購入できます。
きみの介護に根拠はあるか
新刊「きみの介護に根拠はあるか〜本物の科学的介護とは(2021年10月10日発売)Amazonから取り寄せる方は、こちらをクリックしてください。