先週2日の衆議院・厚労委員会で後藤厚労相は、感染者や濃厚接触者に対応したホームヘルパーに支払う特別手当について、既存の補助金を使って公費で賄うことが可能との認識を示した。

補助金には上限が設定されているが、個別協議によって上限を超えて金額を上乗せすることも可としているので、ヘルパーへの特別手当をこのスキームで補助できると明言したのである。

訪問介護の関係者などから、「感染者らを支えるヘルパーに手当なしというのは、あまりに理不尽で不公平。」という声が挙がっていることに対し、「そんなことはない。国はきちんと補助制度を整えているのに、都道府県がその運用を理解していないのが問題だから、改めて疑義解釈を示す」という意味である。

それを受けて3/4付で、「介護保険最新情報Vol.1039」が発出された。

それによれば既に通知されている、「新型コロナウイルス感染症流行下における介護サービス事業所等のサービス提供体制確保事業」の中の実施要綱3(1)イ(ア)の「割増賃金・手当」がヘルパーへの特別手当にあたり、これは全額公費による支援となっていることを改めて示したうえで、次の点を強調している。(※筆者がわかりやすいようにまとめたものを下記に示す

訪問介護員に支給される特別手当は、社会通念上、適当と認められる水準であれば問題なく支給でき、全額補助対象とすることができる。金額は事業所判断で決定して良く、例えば1回のサービスでヘルパーが得る給料と同水準とすることも可能である。

・既に、「かかり増し経費の補助金を基準額(訪問介護事業所の場合は32万円)まで使っている場合も、国と協議(個別協議)し、承認を受けた場合という条件付きで、基準額を上回って補助対象とすることを認める。

※訪問介護が32万円が上限とされていることについては、(実施要綱)介護サービス事業所等のサービス提供体制確保事業【別添3】新型コロナウイルス感染症流行下における介護サービス事業所等のサービス提供体制確保事業(基準単価)に記されているので確認しておいてほしい。(筆者注

・感染者や濃厚接触者に対応したことの証明書は必ずしも必要ない。

以上のとおりである。なお後藤厚労相は2日の委員会で、この手当を昨年4月分まで遡って申請することも可能と表明しているのことも付記しておく。

オミクロン株が蔓延した感染第6波の中で、感染者や感染者との濃厚接触者に訪問介護サービスを続けている訪問介護事業者からは、「新型コロナウイルスの感染者、濃厚接触者に対応するホームヘルパーに支援を。十分な手当や報酬の加算などを出して欲しい」という切実な声が出されていた。

今回その訴えが国に届いた形になる。補助金の特例支給の申請を是非行って、対応した訪問介護員にもれなく特別手当が支給されるようになってほしい。

自らの感染リスクを顧みずに、利用者対応に日夜勤しむ訪問介護員にとって、それは当然の手当であると思うからだ。

しかし特別な手当てを受け取る当事者の皆さんには、「それを受け取って当然だ」という考えだけで終わってほしくない。
介護の矜持
国費によって特別手当が支給される介護従事者は、「社会機能維持者」(エッセンシャルワーカー)であるとして認められたという意味がある。それは同時に、エッセンシャルワーカーとしての使命や責任を果たす必要があるということでもあるのだ。

是非そうした使命感をもって、責任を果たす仕事ぶりであってほしい。そして介護事業者全体が、かかりまし経費の補助などを受ける立場にあるのだから、その責任は、介護職員のみならず、すべての介護関係者に求められるのだと考えてほしい。

例えば訪問介護とは、利用者の最もプライベートな空間に踏み込んで、利用者の人生の一部分に深く関わる仕事であり、利用者の人生の幸福度に、決定的な影響を及ぼしかねないという責任があることを改めて自覚してほしい。

そのような仕事であるにもかかわらず、そのサービスの場で品のないジョークやタメ口などのぞんざいな態度に、知らぬ間に傷ついている誰かがいつもどこかに存在し続けているということを忘れないでほしい。(参照:世間が介護事業に向ける不信の根はどこにあるのか

だからこそ、よそよそしさを恐れるより、無礼で馴れ馴れしい対応で、利用者の尊厳や誇りを奪い、心を殺してしまうことを恐れる人でいてほしい。

介護とは利用者を心にかけて護る仕事である。そのためには、自らの心無い言葉で人を傷つけてしまうことを誰よりも恐れる必要があることを理解してほしい。

どうぞあなたの笑顔と、丁寧な対応で、心から幸せになる人を一人でも多く増やしてください。

貴方が頑張って、笑顔になる人が一人だけでも増えたとき、世の中の幸福度は少しだけアップするのですから・・・。
登録から仕事の紹介、入職後のアフターフォローまで無料でサポート・厚労省許可の安心転職支援はこちらから。






※別ブログ「masaの血と骨と肉」と「masaの徒然草」もあります。お暇なときに覗きに来て下さい。

北海道介護福祉道場あかい花から介護・福祉情報掲示板(表板)に入ってください。

・「介護の誇り」は、こちらから送料無料で購入できます。

masaの看取り介護指南本看取りを支える介護実践〜命と向き合う現場から」(2019年1/20刊行)はこちらから送料無料で購入できます。
きみの介護に根拠はあるか
新刊「きみの介護に根拠はあるか〜本物の科学的介護とは(2021年10月10日発売)Amazonから取り寄せる方は、こちらをクリックしてください。