まず最初にお知らせを一つ。明日(11/19:木)15時〜16時までの予定で、沖縄限定 Livedoオンラインセミナー 「看取り介護実践の視点〜基本から応用まで」(講師:北海道介護福祉道場あかい花 代表・菊地雅洋)が無料配信される。

沖縄にお住まいの方は、文字に張り付いたリンク先から申し込みいただくと、どなたでも無料視聴できるので参照してほしい。なおこのセミナーは、12/3配信の第2回分の前半という内容になっているので、ご了承いただきたい。

さて話は変わって本題に移ろう。

昨日(11/17)昼頃に、飛び込んできた殺人事件のニュース。いったい何が原因でこんなことが起きてしまたんだろう。今日になって犯行の動機めいたものが少し見えてきているが、それは人一人が殺されなければならないほどのトラブルだったのかと疑問を持たざるを得ない・・・。

事件概要は以下の通りである。
---------------------------------------------------------
11/17(水) 朝日デジタル11:51配信ネットニュースより転載
17日午前6時35分ごろ、大阪市平野区長吉川辺3の住宅型有料老人ホーム「ヴェルジェ平野南」で、出勤してきた職員から「駐車場で人が倒れている」と119番があった。高齢男性が敷地内の駐車場で倒れていたほか、1階の事務室で60代の職員とみられる女性が血を流して横たわっているのが見つかり、2人とも死亡が確認された。大阪府警平野署は2人が死亡した詳しい経緯を調べている。

平野署によると、男性は70代の入居者とみられ、7階自室から血の付いたハンマーが見つかった。部屋の真下に当たる駐車場内で死亡しており、ベランダには脚立が置かれていた。女性は施錠された事務室であおむけに倒れ、頭付近から血を流していた。2人の間に目立ったトラブルはこれまでに確認されていないが、男性が女性をハンマーで殴った後に自室から飛び降りた可能性もあるとみて調べている。

現場は大阪メトロ八尾南駅の西約600メートルの住宅街。ホームページによると、この施設は7階建てで個室60室を備えている。
転載ここまで
---------------------------------------------------------
報道にあるように、駐車場で亡くなっていた70代の入所者の部屋からは、血がついた鉄製のハンマーが見つかり、ベランダには脚立が置かれていた。その入所者は、ベランダの真下の位置で倒れていたことから大阪府警平野署は、この入所者が1階の事務室で職員をハンマーで殴り殺した後、自室に戻って飛び降り自殺をしたとみている。
住宅型有料老人ホーム「ヴェルジェ平野南」
(画像は事件の起きた住宅型有料老人ホーム)
有料老人ホームで殺人事件が起こったケースは過去にも複数ある。しかしそれらの事件は職員による卑劣な犯行であったり、入所者同士のトラブルで一方が加害者になるなどの事件で、利用者が加害者となって、職員を殺害したという事件の記憶はない。(※高齢者施設以外の成人施設なら、利用者が加害者となって職員が殺害された事件は、いくつか記憶している)

ハンマーで撲殺されたとみられる被害者の女性は、前夜から当直業務に就いていたとのこと。まさか自分が入所者から襲われるなんて想像もしていなかったろう。

事件が起こった有料老人ホームは、「住宅型」であるから、介護の必要がない人も数多く入所されている施設だと思う。

勿論、住宅型であっても外部の介護サービスを利用することは出来るのだから、要介護者も入所していると思うが、犯行はハンマーを手にした入所者が、1階の事務所で職員を撲殺した後に鍵をかけて現場から離れていることや、7階の自室から脚立に乗って窓を飛び越えていることを考えると、その入所者は身体的な自立度は高いと想像できる。

この犯行の凶器はハンマーと報道されているが、普通に考えると有料老人ホームの生活空間にそのようなものは置かれていなし、ホーム内全体を見渡しても、そのようなものが存在する可能性は低い。

とすれば犯人は、わざわざハンマーをどこからか手に入れて凶行に及んだのではないかと想像される。最初から人を殺すことを目的としてハンマーを用意していた可能性が高い。それほど深い恨みを抱いて犯行に及んだということではないのか・・・。

捜査関係者によると、加害者の入所者は騒音などで施設側から注意を受けていたといい、施設内で周囲とトラブルを起こし、退去手続きの途中だったとの情報もある。

騒音の内容や、注意がどのように行われていたのかはまだ分からない。そのほかのトラブルもあったのかもしれない。

加害者とみられる入所者の施設に対する怒りの矛先が、たまたま事務所にいた人に向けられたのか、それとも被害者個人を狙った犯行であるのかも不明である。

それらは今後徐々に明らかになるかもしれないし、その中から今後に向けた教訓めいたものが見えてくる可能性もないとは言えない。

しかしどのようなトラブルがあったとしても、ハンマーで撲殺されるような理由にはならない。それはあまりにも理不尽な犯行である。

入所者はお客様であるが神様ではないので、顧客サービスの域を超える奉仕の必要はなく、共同生活のルールを護るように注意を促すことはあり得るし、契約上の約義を護れないのであれば、退去勧告を行うこともあって当然である。

入所者と施設のトラブル=施設側の問題・落ち度、ではないのだ。ここは間違って捉えてはならない。

被害にあった職員の方は、本当にお気の毒である。心より冥福をお祈りしたい。

このような惨事が二度と起きないことを願ってやまない。そのためにも犯行の動機を含めた、「事件の真相」が明らかにされることを願う。
登録から仕事の紹介、入職後のアフターフォローまで無料でサポート・厚労省許可の安心転職支援はこちらから。






※別ブログ「masaの血と骨と肉」と「masaの徒然草」もあります。お暇なときに覗きに来て下さい。

北海道介護福祉道場あかい花から介護・福祉情報掲示板(表板)に入ってください。

・「介護の誇り」は、こちらから送料無料で購入できます。

masaの看取り介護指南本看取りを支える介護実践〜命と向き合う現場から」(2019年1/20刊行)はこちらから送料無料で購入できます。
きみの介護に根拠はあるか
新刊「きみの介護に根拠はあるか〜本物の科学的介護とは(2021年10月10日発売)Amazonから取り寄せる方は、こちらをクリックしてください。