2021年介護報酬改定では、国の介護データベースCHASE(チェイス)へのデータ提出と、そのデータのフィードバックによる活用等が全介護事業者に求められることになっている。それが自立支援介護につながるとされているのだ。

そのため介護報酬改定に伴う運営基準の改正等の概要(案)では、「介護サービスの質の評価と科学的介護の取組の推進」として次のように記されている。
・ 全てのサービスについて、CHASE・VISITを活用した計画の作成や事業所単位でのPDCAサイクルの推進、ケアの質の向上を推奨する。

この目的は介護関連データの収集・活用及び PDCA サイクルによる科学的介護を推進していく観点であり、具体的には全てのサービス(居宅介護支援を除く)について、CHASE・VISIT を活用した計画の作成や事業所単位での PDCA サイクルの推進、ケアの質の向上の取組を推奨するというものだ。なお居宅介護支援については、各利用者のデータ及びフィードバック情報のケアマネジメントへの活用を推奨することになる。

このように来年4月以降はすべての介護サービス事業者に、報酬加算とは直接関連しなくとも、運営基準としてCHASE・VISITの活用が求められていくことになる。

同時に加算も新設される。

施設系サービス、通所系サービス、居住系サービス、多機能系サービスについて、CHASE の収集項目の各領域(総論(ADL)、栄養、口腔・嚥下、認知症)について、施設・事業所の全ての利用者に係るデータを横断的に CHASEに提出してフィードバックを受け、それに基づき事業所の特性やケアの在り方等を検証して、利用者のケアプラン等に反映させ、事業所単位での PDCA サイクルの推進・ケアの質の向上の取組を評価する新たな加算を創設することになる。その際、提出・活用するデータについては、サービスごとの特性や事業所の入力負担等を勘案した項目とする。

加えて、詳細な既往歴や服薬情報、家族の情報等より精度の高いフィードバックを受けることができる項目を提出・活用した場合には、更なる評価を行う区分(上位区分)を設けるとしている。

つまり施設系サービス、通所系サービス、居住系サービス、多機能系サービスに共通して、CHASEにデータを送りフィードバックを受ける2区分の新加算が創設されることになるのである。(※具体的な方法は、来年発出の解釈通知で確認する必要がある。)

それ以外にもCHASEへのデータ提出が、既存加算の上位区分の算定要件とされたり、既存加算の要件そのものに追加されることになっているが、その内容についてサービス種別ごとに整理して確認してみよう。

介護老人福祉施設・特定施設入所者生活介護
口腔衛生管理加算について、CHASE へのデータ提出とフィードバックの活用による更なる PDCA サイクルの推進・ケアの向上を図ることを評価する新たな区分を設ける。
排せつ支援加算の算定要件として、CHASE へのデータ提出とフィードバックの活用による PDCA サイクルの推進・ケアの向上を図ることを求める。
褥瘡マネジメント加算の算定要件としてCHASE へのデータ提出とフィードバックの活用による PDCA サイクルの推進・ケアの向上を図ることを求める。
低栄養リスクが高い者のみを対象とする低栄養リスク改善加算について、入所者全員への丁寧な栄養ケアの実施や栄養ケアに係る体制の充実を評価する加算に見直す。その際CHASE へのデータ提出とフィードバックの活用による更なる PDCA サイクルの推進・ケアの向上を図ることを要件の一つとする
ADL 維持等加算を新設し、算定要件としてCHASE へのデータ提出とフィードバックの活用による PDCA サイクルの推進・ケアの向上を図ることを求める
個別機能訓練加算を見直し、CHASE へのデータ提出とフィードバックの活用による更なる PDCA サイクルの推進・ケアの向上を図ることを評価する新たな区分を設ける。

介護老人保健施設・介護医療院
上記の「介護老人福祉施設・特定施設入所者生活介護」の 銑い泙任脇韻検(※介護医療院については、排せつ支援加算は新設)
ァ]祁鬚里かりつけ医連携薬剤調整加算・介護医療院の薬剤管理指導について、CHASE へのデータ提出とフィードバックの活用による PDCA サイクルの推進・ケアの向上を図ることを新たに評価する(減薬に至った場合の評価についてはこれを要件とする)。


通所介護、地域密着型通所介護、認知症対応型通所介護
管理栄養士と介護職員等の連携による栄養アセスメントの取組を評価する新たな加算を創設する。その際、CHASE へのデータ提出とフィードバックの活用による更なる PDCA サイクルの推進・ケアの向上を図ることを要件の一つとする。
口腔機能向上加算について、CHASE へのデータ提出とフィードバックの活用による更なる PDCA サイクルの推進・ケアの向上を図ることを評価する新たな区分を設ける。
個別機能訓練加算を見直しCHASE へのデータ提出とフィードバックの活用による更なる PDCA サイクルの推進・ケアの向上を図ることを評価する新たな区分を設ける。
ADL 維持等加算を見直し、CHASE へのデータ提出とフィードバックの活用による PDCA サイクルの推進・ケアの向上を図ることを求める

通所リハビリ
通所介護の,鉢△脇韻検
リハビリテーションマネジメント加算(検砲鯒兒澆垢襪箸箸發法加算(供傍擇咫吻掘砲修譴召譴砲いて、事業所が CHASE・VISIT へデータを提出しフィードバックを受けPDCA サイクルを推進することを評価する。
(※リハビリテーションマネジメント加算(機傍擇啣雜醉祝彬問・通所リハビリテーションのリハビリテーションマネジメント加算は廃止し、同加算の算定要件は基本報酬の算定要件とし、基本報酬で評価を行う。)

訪問リハビリ
通所リハビリのと同じ

看護小規模多機能型居宅介護
通所介護の,鉢及び、特養の△鉢と同じ。

以上、昨日の介護給付費分科会資料から抽出整理してみた。漏れや間違いがあった指摘していただきたい。随時修正更新していく予定である。
登録から仕事の紹介、入職後のアフターフォローまで無料でサポート・厚労省許可の安心転職支援はこちらから。

※介護事業経営に不可欠なランニングコストをリスクゼロで削減できる新情報を紹介しています。まずは無料診断から始めましょう。電気代でお困りの法人・個人事業主様へ、電気コスト削減!【ライトでんき】





※別ブログ「masaの血と骨と肉」と「masaの徒然草」もあります。お暇なときに覗きに来て下さい。

北海道介護福祉道場あかい花から介護・福祉情報掲示板(表板)に入ってください。

・「介護の誇り」は、こちらから送料無料で購入できます。

masaの最新刊看取りを支える介護実践〜命と向き合う現場から」(2019年1/20刊行)はこちらから送料無料で購入できます。