博多駅筑紫口からほど近いビルの3階にある、「株式会社ワーコン」は、医療機関・介護施設・居住系施設(有料老人ホーム・サ高住・グループホーム等)・在宅など様々な場所で介護等が必要な人を見守りながら、生体情報等で見守り対象者の現状を読み取る看護師が働くコールセンターです。

コールセンターで働く看護師たちは、365日・24時間交代で見守り業務に従事して、対象者の情報を読み取りながら、その人たちに直接かかわる医師・看護師・訪問介護員等に、必要な情報を送るなどして、見守り対象者の暮らしと介護環境を支えています。

つまりワーコンは、医療・看護・介護の各事業者の業務の一部の外部委託先となる会社であるともいえるのです。(参照:施設サービスの一部もアウトソーシングできる時代みまもり看護システムは安心介護を支えるためにあります(居住系施設編)在宅編感染症対策編
人材不足が叫ばれる今日では、医療や介護の現場でも、直接サービスを提供しなければならない業務と、外部機関に任せられる業務とを切り分けて、省力化を図りながら職員の労務負担を減らす努力が必要で、業務の一部アウトソーシング化は必然となりつつあります。それなしでは仕事が回らないというだけではなく、人海戦術に頼り切った職場には良い人材は張り付かないし、定着しなくなるからです。

ワーコンの見守りは、単なる安否確認ではなく、生体情報から呼吸器・循環器などの機能状態等を読み取るワーコンにしかないソフトを活用して、ワーコンにしかできない身体状況管理を行っている点で、独自のシステムと言えます。他には果たせない機能をもっているといえるもので、警備会社の見守りシステムとは全く異なるシステムなのです。
活力データ
ワーコンが解析している生体情報画面の一部です。この解析によって、看取り介護対象者の24時間以内の死期も察知することが可能になるケースも多いです。それは看取り介護の対象者の家族が、旅立ちの時を見逃すことを防ぐことが出来るのことにつながるだけではなく、何日も前から仕事を休んで傍らで待つのではなく、旅立ちが近い日まで仕事にも出て、日常を送りながら肉親の旅立ちに備えることが出来ることも意味しています。
活力状況
お元気な一人暮らしの高齢者の安否確認にも威力を発揮します。例えば急変に備えて生体センサーを複数の居室に設置すると、こうした画面でどの部屋で過ごしているのか、健康状態の急変がないかを察知することが出来ます。

カメラではなく電波で生体情報を感知するセンサーで、体に機械を装着する必要もないため、監視される状態にはなりませんし、プライバシーも侵害されずに、健康状態や安否を知らせることが出来るわけで、見守り対象者の身体的・精神的負担はほとんどありません。
日報
読み取った身体状況等は、家族等に毎日決まった時間に報告できます。この方は朝、家族が起きたときに夜間の急変や身体異常がないかを知りたいとのことで、早朝の報告が毎日繰り返されています。
レポート
身体状況に変化がなくとも、家族が安心できるように、かつ家族がわかりやすく読みやすいように、簡潔に報告を行うことが出来ます。このあたりの方法や内容は、随時ご家族様の要望に応えられます。

医師や看護師がもっと詳しい情報を知りたい場合は、その要望にも応えることも出来ます。訪問診療を行う医師の方が、自分が訪問していない間に、利用者の生体情報に変化はないかとか、利用者の生活状態はどうなっているのかを知りたい場合、利用者もしくは家族の同意を得たうえで、24時間の生体情報を読み取った詳細レポートと、その間の利用者の方の生活情報を送ることも可能です。

訪問診療中の応対も記録したい場合は、コミュニケーションロボットを設置し、そのスイッチをオンすることで、応対の様子をワーコンで確認でき、その際のやり取り等をワーコンで記録して、レポートとして送ることもできます。

ワーコンでは業務拡張のため、みまもり看護師を募集中です。今回の募集は、ワーコンのコールセンターの中から、利用者と家族・地域の医療機関等を医療の視点でつなぐウオッチ・コンシェルジュとしての専門性を磨き、近い将来ワーコンの管理職として力を発揮していただける方を求めるもので、管理職候補の募集であると理解していただければ幸いです。

病院勤務の経験のあるかたや、訪問看護の経験のある方などは、その経験が十分活かせます。コールセンターの経験がない方がほとんどでしょうから、一から業務内容や、生体情報の読み取り方を指導しますので、興味のある方はワーコンに直接連絡してください。
おるけんシステム
見守りシステムを利用した方々からは、こんな声が届いています。このシステムの根幹を担うウオッチコンシェルジュ(利用者と家族・地域の医療機関等を医療の視点でつなぐコールセンターで働くナース)として働きたい方は、是非ご一報ください。(092-260-1611)

なおワーコンのシステム利用料の基本は以下の通りです。
料金について
24時間 遠隔みまもり看護料金 月19,800円(税抜き)(1日約640円、1時間約26円でのサービスです)

機器は基本レンタルです。
・生体センサー 1台 月 5,000円(税抜き)
※認知症の診断があれば、認知症徘徊探知機として介護保険を使えます。1割負担の方は、1台約1,150円(レンタル業者によって価格には差が出ます。)

生体センサーは、ベッドに1台は設置が必要です。センサーは、トイレやリビング、台所に設置が可能です。設置したセンサーの台数分のレンタル料金が発生いたします。

・ロボット 1台 月 5,000円(税抜き)

最低料金(月額)
遠隔みまもり看護料金 19,800円 
生体センサー(ベット) 5,000円
ロボット        5,000円
合計         29,800円(税抜き)
※複数の部屋に生体センサーを設置する場合、センサーの数に応じて5,000円(月)が追加になります。

ただし、福岡市の訪問看護ステーション「えんまん」さんを利用される場合、えんまんさんが29,800円を最高全額負担(自己負担0円)でサポートして頂けるプランをお持ちです。福岡市在住の方であれば、「えんまん」さんに連絡して見られることをお勧めいたします。

なお生体情報等はネット回線を利用してコールセンターに送られるため、インターネットの回線が必要になります。

現在、光回線、ケーブルテレビ等の固定のインターネット回線がある方は、そのままその回線を使用できますので、通信に関する追加料金は発生しません。

光回線、ケーブルテレビ等の固定のインターネット回線がない場合は、携帯回線「SIMカード」を、生体センサー用1,500円(月)、ロボット用3,000円(月)で利用できます。使用予定期間が短い方はこちらがお得です。

使用期間が長いと予測される場合は、ワーコンが推奨する光回線(ウオッチコンシェルジェ光)を開通するほうがお勧めです。開通費用はマンションで24.000円(税抜き)、戸建てで27.000円(税抜き)、月額料金はマンションで5,200円(税抜き)、戸建てで4,200円(税抜き)となります。
※ワーコン推奨の光回線は、使用期間の縛りがありません。短期間で解約しても解約違約金がかかりません。サクサク感がSIMカードとは異なるので、短期利用の方もこちらを選択する方がいます。

なお僕は今週土曜日の午前中まで、「株式会社ワーコン」に出社しておりますので、お近くの方は是非気軽にお寄りください。

※もう一つのブログ「masaの血と骨と肉」、毎朝就業前に更新しています。お暇なときに覗きに来て下さい。※グルメブログランキングの文字を「プチ」っと押していただければありがたいです。

北海道介護福祉道場あかい花から介護・福祉情報掲示板(表板)に入ってください。

・「介護の誇り」は、こちらから送料無料で購入できます。


masaの最新刊看取りを支える介護実践〜命と向き合う現場から」(2019年1/20刊行)はこちらから送料無料で購入できます。
TSUTAYAのサイトからは、お店受け取りで送料無料で購入できます。
キャラアニのサイトからも送料無料になります。
医学書専門メテオMBCからも送料無料で取り寄せ可能です。
アマゾンでも送料無料で取り寄せられます。