今朝僕はは早朝4時に起きた。そんなに早い時間に起きなければならなかったのは、今日午後から品川で行われるセミナーで講演するためである。

自宅から歩いて5分のバス停を5:55に発車する高速バスに乗って新千歳空港に移動なければならなかったので、早起きが必要となったわけである。その後、新千歳空港9:15発の便で羽田空港に飛んで、京急線を利用して先ほど品川に着いたところだ。

東京で午後からの講演の場合は、新千歳空港まで2時間弱かかる登別からでも、こんなふうにして当日移動は可能なのだ。ただしそれはこの時期までの話で、冬に向かって交通機関の乱れが多くなるので、このような移動は困難になりつつある。万が一のために早朝移動は今週の品川講演でいったん終了し、今後は基本前日移動を心がけることにしようと思う。バスや列車、飛行機が遅れたらどうしようもないからである。

さて僕は今、もうすぐ始まるセミナー会場の品川クリスタルスクエアの片隅で、あわただしくこの記事を更新しているところだ。

このあと13:00〜「C-MAS 介護事業経営研究会・全国大会2018」が行われ、ここで講師とシンポジストを務める予定になっている。この全国大会に講師として招待を受けるのは3年連続になる。ありがたいことだ。

それにしても今回の登壇メンバーは濃いメンバーだ。

株式会社CARE PETS CEOの藤田 英明氏、株式会社はっぴーライフ代表の辻川 泰史氏、 株式会社やさしい手代表取締役社長の香取 幹氏、進行役でC-MAS 介護事業経営研究会顧問の小濱 道博氏・・・。皆かねてよりの顔見知りではあるが、それぞれ業界では知らぬ人がいない有名人・・・。そんな中に入っていてよいのだろうかと少し腰が引けている。

小濱代表のFBでは、今回のセミナーについて次のように紹介している。

マスコミ騒然の顔合わせとなった今年のC−MAS全国大会。なぜマスコミ騒然なのか。それは、美辞麗句が最も苦手なスピーカーが集まっているからです。しかし、最も介護業界を愛しているスピーカーでもあります。心が震える一日になります。是非、職員の方々と一緒にご参加下さい。そして、職員研修で振り返ってください。この日の内容を一緒に討論してください。それが明日に繋がります。

ちなみに予定の200席はすべて埋まり、開催日を待たずして申込受付終了となっている。満員の中でどのような議論展開になるだろうか。僕本人が予測不能である。

ところでこのセミナーは17:00に終了し、そのあと会場近くで立食の懇親会が予定されているが、僕はそこに参加した後、すぐにいわき市まで移動しなければならない。品川からいわき市までは、JRで2時間30分かかるので、懇親会終了後移動して現地到着は夜11時近くになる予定だ。

明日はいわき市で、福島県介護支援専門員協会の研修会で講演を行なうことになっている。同協会の研修にご招待いただくのは2度目である。以前にも書いたが、最初にオファーをいただき予定していた講演は、3.11の1週間後の予定であったため、当然のことながら中止となった。その後、震災から約1年経って改めてご招待を受け、郡山市で講演を行なったことがある。

その時は大震災のなかで、それぞれの活動領域で頑張り続けた介護支援専門員の皆さんにエールをおkる言葉をかけながら、僕の目頭も熱くなったのを覚えている。僕の話を聴きながら、涙を流してくれていた受講者の方も多かった。

その後、福島県では何度か講演機会いただいているが、福島県介護支援専門員協会のお招きは、それ以来なので懐かしく、かつ喜びに満ちた気持ちで現地に向かおうと思う。

それにしても今朝は4時起きで、最終目的地に到着するのは夜11時・・・。ずいぶん長い一日になったものである。

※もう一つのブログ「masaの血と骨と肉」、毎朝就業前に更新しています。お暇なときに覗きに来て下さい。※グルメブログランキングの文字を「プチ」っと押していただければありがたいです。

北海道介護福祉道場あかい花から介護・福祉情報掲示板(表板)に入ってください。

・masaの最新著作本「介護の誇り」は、こちらから購入できます。
のである。