先週木曜日に自宅を経って、大阪と愛媛で3講演を行った後、昨日は松山空港〜羽田空港に飛び、東京駅で新幹線に乗り継いで仙台に入った。

台風の影響で、松山からの飛行機は到着が1時間以上遅れ、気流も悪くフライト中も所々で大きな揺れを伴い、飛行機に慣れている僕でもさすがに怖かった。

幸いなことに新幹線は遅れもなく動いており、仙台には無事到着できた。しかしその日は雨ふりで、宿泊ホテルは仙台駅のすぐ近くなのだが、ちょうど雨の強い中、傘のない移動で濡れそぼってしまった。

こんなふうに旅の途中では、様々なハプニングが生じたりして、それなりに大変なことが多いのだが、大変であればあるほど、印象は強く残って、それはすべて僕にとっての思い出になる。それも貴重な僕の財産である。今回も携帯用の傘を持ち歩くのを面倒くさがったことが一番の問題で、備えあれば憂いなしを肝に銘じて、次からは小さくて軽い携帯傘をきちんと持ち歩こうと思った。

ところで愛媛県で行った講演でうれしい出来事があった。

今回はいつも講演を行う松山市ではなく、久万高原町で3時間の講演を行ったのであるが、介護施設の方だけではなく、医療機関の職員さんもたくさん受講してくれた。

講演終了後、とある医療機関のスタッフ(若いお医者さんと、セラピスト、相談員さんなど)の方々から、食事介助時の座位姿勢等について質問を受けて、僕なりの考えを述べさせていただいた。その中で話は膨らみ、医療機関の中で座ったきり高齢者にさせられて、ホール等に放置状態で置かれている患者さんや、認知症の方の行動・心理症状をアプローチしようとしないスタッフの問題など、様々な問題点まで話が及んだ。

そんな話を終え、受講者の皆様が帰られた会場での後片付け等を終えて、オフ会会場ともなっている宿泊ホテルに向かおうと外に出てみると、先ほどお話しした医療機関のスタッフの皆さんが、会場の玄関前で話をされていた。何気なく流れてきた会話を聴くと、スタッフが患者さんに、「ため口」で話しかけたり、横柄で不適切な態度になったりすることについて、僕が提唱する、「介護サービスの割れ窓理論」を聴いて、改めて問題であると再認識して、何とかそれを是正したいという話であった。

そして本来動いているはずの、「接遇委員会」が実質機能していないことが問題であるとして、「月曜日に出勤したら、早速、接遇委員会を再稼働させて、職員の言葉遣いや態度の適正化に努めよう」という話をされていた。

その方々が僕の姿を見つけ、「ありがとうございました。」と言い残し、駐車場に向かう背中を認めているとき、その姿はとても頼もしく見えた。きっと今日から、病院の中で改革に努めてくれているのだろうと思う。そういう人たちに、エールを送り続けたい。その人たちの心が折れないように、根拠のある介護実践と、人を幸せにしない介護はあり得ないということを訴え続けたい。

こんなふうに僕の講演を聴いたことがきっかけで、具体的に行動につながるのであれば、これほどうれしいことはない。そしてそのことによって久万高原町の介護の新しいスタンダードが生まれ育ってくれることで、きっと幸せの樹形図を描く仲間が増えてくれることだろう。

全国の介護施設、介護サービス事業所、そして医療機関で、部下や同僚や上司の心無い言葉遣い、乱暴な利用者への対応に心を痛めている人がいる。誰かのあかい花になることができる介護という職業なのに、それを貶めている人がいることに心を痛めている人がいる。そんな人たちが、それは違うという声を挙げ、アクションを起こすために何が必要かということに気づくために、全国でお話をさせていただいている。

その結果、今やるべきことに気が付く人が、僕の講演会場では何人も生まれている。

僕が話すことは、あくまで実践論であり、話は分かるけれど、実行できないという内容は皆無である。なぜならそれはすべて、僕が実践してきた事実だからである。だから是非僕の話したことを今日から、明日から実践してもらいたい。そうした誰かの「あかい花」になろうとする人が、一人でも多くなってほしい。介護サービスの実践の場に、あかい花が咲き乱れてほしい。

僕は今日仙台で講演を行う。今日の講演は、「リズムタウン仙台」という11月にオープンする総合施設の、オープニングスタッフ研修である。

今までになかった地域に開放された施設で、本当の介護を実践したいと考えて創られた総合施設で、これからその理念の実現のために働くスタッフが、就業初日から根拠に基づいた介護実践ができるように、今日は4時間の長時間講義を行ってくる。

魂を込めて伝えてきたいと思う。

介護の誇り出版記念セミナー
介護の誇り出版記念セミナー開催日程

※もう一つのブログ「masaの血と骨と肉」、毎朝就業前に更新しています。お暇なときに覗きに来て下さい。※グルメブログランキングの文字を「プチ」っと押していただければありがたいです。

北海道介護福祉道場あかい花から介護・福祉情報掲示板(表板)に入ってください。

・masaの最新著作本「介護の誇り」は、こちらから購入できます。