僕の現在の日常には、「旅」がある。

全国のいろいろな方々からお声かけをいただいて、講演講師としてご招待を受けることで、毎週のように道外に出かける機会がある。

そうした旅の最大の愉しみは、人とのつながりの輪が広がることであり、それに優る財産はない。

同時に様々な土地でおいしいものを食べて、おいしいお酒を飲むことも愉しみである。そこに新しい人とのつながりがあれば、さらに食も酒もうまくなる。

日本は世界地図で見ると小さく狭い国に見えるが、実際には広い。この年になってはじめて口にする食べ物も多く、しかも旨いものがたくさんある。その土地で食べるおいしさというものも加わって、愉しみも倍増するというものだ。

だから自分の日常に、「休養」・「休日」というものが少ないことに何の不満もないし、疲れも感じることはない。自分の考え方を披露する機会をいただいた上に、おいしいお酒を飲みながら、郷土の味に舌鼓を打ち、介護や福祉の現状と未来について、心がつながりあえる人々と語り合うことができる機会も得られている僕は、誰よりも幸福者ある。本当にありがたい機会をいただいていると思う。

そうした中で、せっかくのたびの機会だから、各地の名所・旧跡等を回る機会もあるのだろうと思われがちだが、実はそうした機会は意外と少ない。講演の前日入りして、後泊もして翌日帰るという日程であれば、どこかの時間で観光の時間も取れるが、僕の場合、本業を終えた後の時間に飛行機に乗り、夜遅い時間に現地ついて、その日にオフ会に参加し、翌日に講演を行って、講演後はすぐ帰るとか。、逆に講演当日に現地入りして、あわただしく講演を行って、講演後にオフ会に参加し、翌日は朝早くに北海道に向かって帰るというパターンが多く、有名な名所があっても素通りか、行かずに終わるということも珍しくない。・・・というかそうしたパターンのほうが多い。

それでも何年にも渡って、道外講演の旅を続けているので、いろいろ場所の名所・旧跡に触れる機会も積み重なれば多くなってきている。

先週お邪魔した秋田県も、何度も訪れている県ではあるが、たまたま前日入りの飛行機の到着時間が早い便であったため、講演主催者の方々に男鹿半島に連れて行ってもらった。目的はおいしいお昼ご飯と、「なまはげ」見学である。

なまはげ館
「なまはげ館」というところで、観光客向けになまはげの実演をしているのである。

有名な「なまはげ」ではあるが、実際にどういう行事が行われているかを僕らは意外と知らない。写真画像で、僕の後ろにずらりと並ぶなまはげは、実際に各地域で今も使われているものも含んでいる。つまり一口に「なまはげ」といっても、各地域でその姿は違うのだそうである。

なまはげなまはげ2

大きな音を立てて、しこを踏みながら迫力満点に各家庭に入ってきて、もてなしを受けて変えるまでの様子が再現されているのを見て、はじめてこの行事の意味や、長く続いている意味が分かるというものだ。(ちなみに秋田オフ会のメニューは、masaの血と骨と肉、に掲載しています。)

このブログでも何度か書いているが、僕の考え方のひとつとして、医療や介護、福祉サービスを含めた様々な生活支援サービスが日常生活の場(日常生活圏域)で受けられるためには、住み替えを勧めてコンパクトシティーを目指す政策が求められることを示している。

しかしこうした地域の伝統や行事に触れると、そのことがいかに難しいかも実感できる。新しい地域づくりは、古く伝統のある分化を破壊しかねない問題だからである。

古い伝統や文化を守りつつ、新しい地域づくりを行うためになにが必要なのかを考えていかないと、住み替えは掛け声だけのものとなるのだろう。

古くからの風習・文化を守ることは、人の心を守ることでもあるということを忘れずに、地域再編についてあらためて考えてみようと思う。

先週は、そんなことを考えた旅だった。今週の土曜日からは、久留米での2講演が予定されている。(※ちなにみ4日の地域包括ケア研修は、5日の第24回日本ホスピス・在宅ケア研究会全国大会in久留米こちらからまだ申し込み可能です。)

何度も訪れている福岡県ではあるが、久留米ははじめてだ。久留米ラーメンも愉しみだが、今回は仲間がオフ会を企画してくれており、日程も2泊3日で余裕があるので、十分に楽しんできたいと思う。

※もう一つのブログ「masaの血と骨と肉」、毎朝就業前に更新しています。お暇なときに覗きに来て下さい。※グルメブログランキングの文字を「プチ」っと押していただければありがたいです。

北海道介護福祉道場あかい花から介護・福祉情報掲示板(表板)に入ってください。

介護の詩・明日へつなぐ言葉」送料無料のインターネットでのお申し込みはこちらからお願いします。
人を語らずして介護を語るな 全3シリーズ」の楽天ブックスからの購入はこちらから。(送料無料です。