暦の上では今日まで3連休。しかし僕はこの間、ずっと出勤して仕事をしている。

介護施設の場合、暦に関係のない職種の人が多いため、そのような勤務は珍しくもなく自慢にはならない。そういう意味では、僕が一人事務室で黙々と事務作業をこなしていても、誰も珍しがらないし褒めてもくれない。

そもそも僕が暦上の休みの日に出勤している理由は、それだけ平日に休みをとっているからに過ぎず、その代わりの勤務に過ぎないので、人より多く働いているわけではないのである。しかし働いきものかどうかという観点で言えば、僕は間違いなく働きものではないだろうか。

平日に休みをとっている姿は、端から見れば単なる「休み」でしかないが、僕自身は休養やレクリエーションに充てているわけではないからだ。その日は、本業(といってよいと思う。)の老健業務が休みなだけで、「北海道介護福祉道場 あかい花」代表としての仕事があるということには変わりはないわけである。

前回、老健業務を休んだ日は9/15(木)であるが、その日は朝7:00には家を出て、仙台で講演を行い、日帰りで夜9時過ぎに北海道に戻ってきた。

次の休みはそれからちょうど1週間後の、9/22(木:秋分の日)であるが、その日は岐阜県大垣市で講演があるため、21日の業務終了後、新千歳空港19:00発の便でセントレアに飛び、金山駅まで行って宿泊し、翌日は講演終了後、即セントレアから新千歳空港に戻ってくるという強行日程だ。そして新千歳空港到着は、21:00過ぎになるため、その日は空港内ホテルに宿泊し、翌日は空港から直接職場に出勤して通常業務をこなし、翌土〜日曜日は東京講演の予定である。

今月はそれだけではなく、28日(水)も東京都日野市講演があり、これも日帰りであるが、その日はちょっとしたたくらみがある。

日野市講演が終わって、羽田空港を経ち千歳空港に到着するのは20:00ちょうどである。この時間なら高速を飛ばせば、21:30までには家に戻ることができるので、当初はその予定であった。当然ホテルの予約はしていないし、今から予約しようとしても、新千歳空港内のホテルだけではなく、千歳市内で空き部屋があるホテルは一軒もない。

ところで新千歳空港内には温泉施設がある。ここにも宿泊所があって、一泊5.000円程度で泊まることもできるが、ここは当然満室状態である。しかしホームページを見たところ、「リラックスルーム」というスペースが別にあって、リクライニングシートが並べられたそのスペースに宿泊することもできるということが分かった。

料金は温泉利用料(朝8:00までなら何度でもはいれる)と浴衣やタオルのセット付きで1.500円+深夜利用料金1.500円=合計3.000円で、朝9時まで宿泊でき、しかも朝食は無料だそうである。

これは予約なしの利用となり、リラックスルームのリクライニングシートが埋まったらクローズということなので、当日まで利用できるかどうかわからないが、ここはひとつ試してみようかとたくらんでいる最中である。もしこれが利用できるということになれば、僕の選択肢はさらに広がり、冬の強行日程も何のそのということになるかもしれないので、来週の水曜日がどうなるか、今からワクワクしている。

日常の中に「旅」があると、こんな楽しみも生まれるわけである。たった一度きりの人生、ネガティブに考えてもがき苦しむのではなく、何事もポジティブに考えて楽しまなきゃあな。

さてうまく宿泊できたら、写真もばっちりとって、後日このブログ内で報告します。それじゃあね。by masa

※もう一つのブログ「masaの血と骨と肉」、毎朝就業前に更新しています。お暇なときに覗きに来て下さい。※グルメブログランキングの文字を「プチ」っと押していただければありがたいです。

北海道介護福祉道場あかい花から介護・福祉情報掲示板(表板)に入ってください。
介護の詩・明日へつなぐ言葉」送料無料のインターネットでのお申し込みはこちらからお願いします。

人を語らずして介護を語るな 全3シリーズ」の楽天ブックスからの購入はこちらから。(送料無料です。