現在の「地域ケア会議」は、「地域包括支援センターの設置・運営に関する通知」に明記され、センター長などを対象とした研修を中心に取り組まれている。本来の地域ケア会議の5つの機能とは、仝鎚眠歛蠅硫魴茵↓▲優奪肇錙璽構築、C楼莢歛蠅糧見、っ楼茲鼎り・資源開発、ダ策形成である。

その地域ケア会議は、来年度の制度改正において、介護保険法に制度的に位置づけられることになっている。これが「地域ケア会議の法制化」である。

そしてその目的は、個別事例の検討を通じ、多職種協働によるケアマネジメント支援を行うとともに、地域のネットワーク構築につなげるなど、地域ケア会議が実効性あるものとして定着するよう普及することとされている。

つまるところ、この法制化は地域包括ケアシステムが機能するための基盤を作るという意味があるのだろう。

一方ではこの地域ケア会議について、それが給付抑制のために行われるのではないかと言う不安の声も挙がっており、例えば「安倍政権が法制化狙う「地域ケア会議」 介護保険から「卒業」迫る 安上がりサービス全国に 「赤旗」3/20

↑こんな報道記事もある。こんな状態にしては困るわけである。

僕が管理する掲示板の「ローカルルールにおける保険者(市)の権限について」に書かれているような市町村では、新しい地域ケア会議がまさに圧迫面接が行われ、介護保険からの卒業の強要が行われる恐れもある。そのため決してこういう状態にならないようにチェックし、声を挙げることがケアマネジャーの職能団体等には求められるだろう。

本来の地域ケア会議は、市町村の職員が小権力を振りかざして、介護支援専門員を恫喝指導するというものではない。そもそもこの会議は、「赤旗」が報じているように、市町村職員と介護支援専門員間のみで行われるものではなく、市町村職員以外にも多様な人材が参加して行われるものである。

下記の図は国の資料に載せられている新しい地域ケア会議のイメージ図である。

地域ケア会議
この図を見ても分かるように、新しい地域ケア会議の目的は、困難ケース等の個別検討を通じて、多職種協働のケアマネジメント支援を行うとともに、地域のネットワーク構築に繋げようとするものである。

そのため「地域ケア会議」では、他職種が集まって個別の事例を検討し、高齢者が抱える課題を1つずつ解決していく。それを積み重ねていくことで、ケアマネジャーの自立支援を後押しする能力の向上に加えて、地域で埋もれていた課題の発掘や他職種によるネットワークの構築や、より有効な政策の形成などに繋げることを目指している。

つまり地域包括ケアシステムというシステムが求められると声高に唱え、市町村がそのシステム作りに躍起になったとしても、それだけで所属事業所の違う様々な専門職の有機的連携が可能となるということにはならず、そこでは所属の違う様々な専門職同志が、「顔の見える関係」となって、必要な時に、必要な支援を求めあえる関係づくりが重要となってくるのである。

ネットワークシステムと、顔の見える人間関係の両方があって初めて、地域包括ケアシステムは機能するのだろうと思う。そうであるがゆえに地域ケア会議を主管する地域包括支援センターの担当者は、その目的を見失わず、多様な職種に及ぶ様々な専門家を会議のメンバーとして招いて、ケアプランを立てている介護支援専門員と、それらの地域の人材を繋げるという役割を意識してもらいたい。それができてこその地域包括ケアシステムである。

同時に地域ケア会議とは、個別のケースを検討し、より良いサービス提供の方法をアドバイスすることにとどまらないという理解も必要だ。個別の課題検討で終わるのではなく、個別の課題検討を積み重ねることで、それを地域の課題の検討につなげ、あらたな社会資源の開発や施策形成に結び付けていくことが大事だ。

このことを同じテーブルの上で、同時進行議論ができるようになるには、かなりの個別課題検討を経た上でないと無理だろう。まずは個別課題の検討と、地域課題の検討をしっかり区分して考え、それぞれが別途議論された上で、地域課題が明確化された以後に、両者を結びつけて、同じテーブルで考えられるようにケースを重ねていく必要があるだろう。

なかなか実態が見えない地域包括ケアシステムであるが、まずは地域ケア会議を通じて、地域の中の人材同士が、顔の見える関係をつくり、システムの中で有機的な連携体制をとれるようにしていくことが大事だ。その上で個別課題を検討しながら、その積み上げによって地域課題の抽出と、その解決に向けた社会活動を行っていくということが、今後最も求められることだろう。

そういう意味で、地域包括支援センターの役割はますます重要になると言えよう。よって地域支援センターに、有能な人材がいるかどうかということが、地域包括ケアシステムの成否を握る鍵になるだろう。

介護・福祉情報掲示板(表板)

4/24発刊「介護の詩・明日へつなぐ言葉」送料無料先行予約キャンペーンのインターネットでのお申し込みはこちらからお願いします。

4/24発刊「介護の詩・明日へつなぐ言葉」送料無料先行予約キャンペーンのFAXでのお申し込み。は、こちらから用紙をダウンロードして下さい

人を語らずして介護を語るな 全3シリーズ」の楽天ブックスからの購入はこちらから。(送料無料です。