このブログや表の掲示板の「文字面(もじづら)」から伝わる僕のイメージは、おそらく僕の実像とはかけ離れたものだろう。

それはネットの中だけに存在する僕の「虚像」と言ってよいだろう。しかしその虚像を作り上げているのは僕自身だから、それも僕の真実の一つである。そしてそこで示す姿勢は僕そのものであり、それもまた僕の一つの真実である。

生身の僕の個性や性格が、そのイメージと違っていたとしても、その中の僕は決して実態のない存在ではなく、確実にその中に存在する「もう一人の自分」である。その存在を誰からも否定される筋合いはないし、そこでの僕自身の姿勢を誰からも定義づけされる覚えもない。僕は僕のやりたいようにそこに存在し、僕のいいたいことをそこで発言し続ける。

誰かからお金をもらってブログや掲示板の文章や意見を読んでもらっているわけではないし、どうか読んでくださいとお願いしているわけでもない。だからそこでの僕の姿に嫌悪感を持つ人は、あえてそこに繋がねば良いだけである。勝手に繋げて来てイチャモンをつけるのは筋違いも甚だしい。要するにそれらの人々は、発信する人間を嫉妬しているのだろうと決めつけ見下している。

第3者が、その場所で僕のイメージを抱くのは勝手だが、そのイメージから外れて見える僕を勝手に枠にはめて規定されるのは迷惑だ。誰かの価値観の中で存在する僕を、実像と勘違いされるのは迷惑だ。他人の意識の中で勝手に僕の何かが規定されるなんてまっぴらごめんだ。

僕が社会に対して影響力があるなんて思わないが、もしそう思う人がいたとしても、だからと言って「影響力がある人がそういう発言をしてはいけない」とたしなめようとするのは筋違いも甚だしい。僕は人から規定される枠の中でしか動けないわけではない。僕は僕のやりたいように存在する。影響力を持とうなんて動機づけはもともとないのだ。

ブログに書いたことに対して「伴う責任や、与える影響に対する認識も必要ではないでしょうか。」とコメントを書いてくる人もいるが、始めから誰にも遠慮することなく他人に何かを与えるつもりもなく、自分のためだけに自由に書くと宣言している場所に何の責任や影響を求めるというのか。そもそも批判の対象になる表現など、僕の本意が伝わっておらず誤解に基づくものがほとんどだが、所詮文章や文字とはそういうもので、万人に全て理解してもらおうとも思わない。伝わっていないところで批判されて、それにいちい迎合しておれば何も書けなくなる。逆にいちいち反論している時間もない。こういうコメントは単なる「言葉狩り」である。そんなものは徹底的に無視する。

正義感ぶって「そういうことを書いちゃあいけない」とたしなめる人々は、自分の価値観で、他者に対して言論弾圧していることに気づいていないのだ。

僕をたしなめることができるのは、ネット上の住人ではなく、僕自身、あるいは僕の実像を正確に知る第3者でしかあり得ない。

仮に何らかの影響力を僕が持っていたとしても、それは僕らしい方法で誰に遠慮することもなく得てきたものだろうから、それを守るために僕らしさを捨てて、誰かに遠慮しながら生きるなんてまっぴらだ。そんなことで守るべき影響力であるとしたら、そんなもの消えてなくなってもよい。僕は僕でしかないし、命ある限り僕であり続ける。それ以外の何ものになるとも思わない。

僕は普通の人間だから、常に間違えるし、常に正しくはない。間違いに気がつかないこともある。気がつけば素直に反省するが、どうしても相入れることのできないものもある。それも僕の真実の一つだから、そのまま評価されるのはまったく構わない。全ての人から受け入れてもらおうとは思っていない。全ての人に好かれようなんて思っていない。むしろ闘わねばならないことがあると思うから、この場所ではあえて強い言葉で発言している。クソッタレには、クソッタレと罵る。けつの穴の小さなコメントアラシは徹底的に叩く。嫌われるのは覚悟の上だ。万人にへつらって、皆から好かれる自分など想像するだけでへどが出る。

しかしもう一人の僕は全ての人を愛する人間になりたいとは思っていたりする。全ての人が幸福を得る世界であることを理想と考えてしまったりする。だから実際の僕は、仕事の上でも、プライベートでも、人を好きでいたいと願う存在だ。だから社会福祉の仕事の現場では真摯に人と向かい合いたいと思っている。

しかし世の中の全てが理想通りではない。そこには様々なバリアが存在する。そのバリアは時に人間そのものであったりする。その時僕はそれらのバリアをなくすために闘わねばならない。このことは僕の中で決して矛盾していない。人がどう言おうと、それが僕のやり方だからだ。

品行方正で、包容力のある虚像など作るつもりは毛頭ない。僕は僕でしかないのだから、変な価値観で僕を規定しないでほしい。僕は規定されればされるほど、その殻や形を打ち破るために闘うだろう。

僕は僕であり続けるために声を荒げ、拳を振り上げ、髪を振り乱して闘うだろう。

そのことに疲れた時、この場所は静かに幕を下ろすであろう。その時はカーテンコールを求めることもないだろう。

出版記念シンポジウム・愛を語らずして介護を語るなは、こちらをクリックして下さい。

ブログ書籍化本第1弾・続編第2弾、好評発売中。下のボタンをプチっと押して、このブログと共に応援お願いします
人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン
↑こちらのボタンをクリックしていただくと、このブログの解析がみられます。
介護・福祉情報掲示板(表板)