↓この記事を書いた後に、個別機能訓練加算兇了残衢弖錣痢嵳学療法士等」の配置の考え方が次のように示されました。

当該加算は、気肋鏘个乃’酬盈指導員を張り付けで、そこに兇鬚笋覽’酬盈指導員を別に用意する。そうすることで併算が可能になる。新年度から個別機能訓練加算気鮖残蠅垢觧業所は、兇盪残蠅垢襪砲蓮⊂鏘仞貊召陵学療法士等のほかに、常勤では区手もかまわないが、別に理学療法士等を配置せねばならない。要は2名必要ということですね。

つまり兇了残衢弖錣任△襦嵳学療法士等」は常勤規定がありませんが、だからと言って現在の気鮖残蠅靴討い觧業所のように、看護師と兼務の機能訓練指導員しか配置されていない事業所では兇盪残蠅任ないということのようです。

さらに兇亡悗靴討蓮機能訓練指導員が利用者と1対1、もしくは1対小集団(5、6人を想定)で実施することを必要としているとこのとでした。

※以上により報酬包括される現在の「個別機能訓練加算機廚了残蟷業所の体制のままでは、新個別機能訓練加算兇六残蠅任ないということになります。
------------------------------------------------------------------------------------------

通所介護の新しい個別機能訓練加算については、現行の「個別機能訓練加算機27単位)」が「報酬包括された」という理由で廃止され(下がっているのにどうして包括されたと言えるのという疑問をお持ちの方も多いだろう)、常勤の機能訓練指導員による訓練実施を評価する現行の「個別機能訓練加算供42単位)」がそのまま機42単位)に移行している。

そして新しい個別機能訓練加算供50単位)については以下の算定要件が示されている。

ロ個別機能訓練加算()
次に掲げる基準のいずれにも適合すること。
1; 専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等を一名以上配置していること。
2; 機能訓練指導員、看護職員、介護職員、生活相談員その他の職種の者が共同して、利用者の生活機能向上に資するよう利用者ごとの心身の状況を重視した個別機能訓練計画を作成してい
ること。
3; 個別機能訓練計画に基づき、利用者の生活機能向上を目的とする機能訓練の項目を準備し、理学療法士等が、利用者の心身の状況に応じた機能訓練を適切に行っていること。

以上である。ところで機能訓練指導員の常勤配置を求めた気42単位であるのに、新しい個別機能訓練加算兇蓮崟譴薺’酬盈指導員の職務に従事する理学療法士等」という規定なのだから、常勤配置が求められていないと考えられ、それなのになぜ気茲蟾發50単位なのかという疑問が生ずるところだ。

これについて当初、僕は「機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等」という表現から、この加算は、看護職員等が実施する訓練は含まず、あくまでセラピストと呼ばれる3職種(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)に限定されて実施される訓練を示しているのではないかと想像したが、それは間違いであることが分かった。むしろこの算定単位の違いは、求められている訓練内容の違いであることが分かったのだ。

手に入れた最新資料から、この加算算定要件を解説する。

新しい個別機能訓練加算兇蓮⇒用者の自立支援を促進するという観点から、利用者個別の心身の状況を重視した機能訓練(生活機能の向上を目的とした訓練)の実施を評価するために新設されたものである

算定要件には「専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等」とされているが、これは「理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護職員、柔道整復師又はあん摩マッサージ指圧師」であり、なんのことはない、これは現行の「機能訓練指導員」と同様の基準である。常勤規定はないので、現行の気里茲Δ120分配置の機能訓練指導員でも良いだろう。(配置時間等についてはQ&Aでもっと詳細に示されるが、少なくとも常勤でなければならないという規定ではない)

次に
・機能訓練指導員、看護職員、介護職員、生活相談員等が共同して個別機能訓練計画を作成していること
・個別機能訓練計画に基づき、理学療法士等が直接訓練を行っていること

という要件が示されている。ここで着目すべきは「個別機能訓練計画」という文言である。つまり今までの加算のように「個別の機能訓練計画」ではない。後者の個別は「計画」にかかっていた言葉で、その意味は「個別の機能訓練計画による訓練の実施」であったが、新しい基準の個別は「機能訓練」にかかっているのだ。つまりこの加算は、機能訓練指導員以外が行う訓練だけでは算定できないということだけではなく、必ず機能訓練指導員が1対1の個別対応の機能訓練を行うことを要件としているのだ。

その具体的内容については、
・身体機能そのものの回復を目的とする訓練ではなく、残存する身体機能を活用して生活機能の維持・向上を図り、当該生活機能を日常生活において発揮することにより居宅での生活の継続を図ることを目的として実施する。
・個別機能訓練計画に定めた目標を達成するために必要なADL・IADL訓練を反復的に実施するものとし、その際、個別機能訓練計画に定める日常生活の基本的動作に関する目標を念頭に、必要に応じて事業所内の設備等を用いた実践的な訓練を行う
・同じ目標を持ち同じ訓練が設定された小集団(個別対応含む)に対して機能訓練指導員が直接行う
・生活機能の向上のための訓練を効果的に実施するためには、計画的・継続的に行う必要があることから、概ね週1回以上実施することを目安とする。

とされている。つまりホールで機能訓練指導員が利用者と1対1で歩行訓練を行っているだけでは不十分で算定要件に合致しないのだ。あくまで生活機能の向上を目的とした訓練であるという証明ができる訓練計画の実施が必要だし、生活訓練と身体機能へのアプローチをセットで考えねばならない。

実施計画のイメージとしては
目標
一人でトイレに行く
具体的な訓練内容
1.歩行、ドアを開ける、脱衣、排便(尿)、後始末、着衣、 清潔保持、ドアを閉める【方法:1対1 トイレでの実践的な訓練 】
2.1を実施するために必要な訓練(柔軟体操、座位訓練)【方法:3対1 機能訓練室での訓練】
(いずれも期間は3ケ月)

※なお、一定の要件のもと、同一日の同一者について個別機能訓練加算(機砲箸諒算残蠅可能。

とされる予定である。当然、個別機能訓練加算気鮖残蠅任ない事業所は、兇里濟残蠅垢襪海箸浪椎修任△襦

そこで当事業所の現行の利用者に対する訓練実施状況を鑑みて、これに照らした訓練計画をシュミレーションしてみた。

例えば「立ち上がりや歩き始めに膝に痛みがあり、歩行状態にも不安があるため、家事を行うことが負担となって、自宅でヘルパーによる生活援助を受けている方」という場合。
目標
できるだけ自分で家事を行うため食卓の後片付けを継続する。
具体的な訓練内容
1.昼食時の御膳のセットや、昼食後の下膳、後片付けを行う【方法:1対1 食事の際の実践的な訓練】
2.歩行訓練【方法:1対1 機能訓練室での訓練】
3.チューブやダンベルを使った筋力向上トレーニング【方法:3対1 機能訓練室での訓練】


こんな計画で算定要件に合致しないだろうか?

出版記念シンポジウム・愛を語らずして介護を語るなは、こちらをクリックして下さい。

ブログ書籍化本、待望の続編第2弾好評発刊中。第1弾もロングセラー発売中。下のボタンをプチっと押して、このブログと共に応援お願いします
人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン
↑こちらのボタンをクリックしていただくと、このブログの解析がみられます。
介護・福祉情報掲示板(表板)