居宅サービス計画を立案する介護支援専門員が、現場でしばしば抱えるジレンマは、アセスメントの結果抽出したニーズに基づく介護計画と、利用者が希望する介護サービスが一致しないということである。

しかしこの時、間違えてはならないことは、利用者の表明する希望が単純に「デマンド」に過ぎず、ニーズではないと決めつけることである。場合によっては利用者の希望は、介護支援専門員が気づいていない主観的ニーズなのかもしれない。介護支援専門員が抽出した客観的ニーズだけが正しいとか、客観的ニーズが主観的ニーズの上位にあるわけではない、という理解が必要である。そのため利用者の希望の中に「どのような理由があるのか?なぜ介護支援専門員が必要としないと考えるサービス利用を希望しているのか?」ということを常に冷静に、しかも注意深く考察する姿勢を持たなければならない。

そうした結果、やはり必要のないサービスであると考えざるを得ない場合でも、そこで介護支援専門員は新たな役割を求められていることを理解せねばならない。

つまり「利用者の希望するサービスを、いわれるままに安易に計画したり、増やしたりするのは間違いである。」という考え方自体は正しい。それは間違っていないが、そこまでは介護支援専門員ならば誰しも考えることができることだ。ここからもっと社会福祉援助の専門家として介護支援専門員が考えなければならないことは「正しい考え方であるから単なるデマンドによるサービスは計画しない、切り捨てる、で終わっていないか? 」ということである。

介護計画には説明同意が必要とされているが、説明同意とは、計画しないサービスについても、計画しない理由の説明責任があるという意味である。

利用者の自己決定を支援するのが社会福祉援助の目的であり、ケアマネジメントも同様で、介護計画の目的や意味を、介護支援専門員だけが分かっていて、自分が専門家だから「任せておけばよい」という態度で「サービス利用しない」ことも利用者が十分納得しないままに説得によって決めてしまうだけでは援助関係として不十分なのである。

一般論として言えば、利用者は福祉援助を求める際に自分の自由まで放棄しようとは考えていない。利用者は問題に関する助けを求めて介護支援専門員に援助を依頼するだけである。そして利用者は、介護支援専門員ならば地域にあるサービスを熟知して、自分が求めるサービスを提供してくれると期待している。その時においても自分の選択権が認められないとは考えてはいない。希望は最大限に認められるであろうと考えている。介護支援専門員に対し、専門的助言や心理的サポートや、制度上の手続きの支援を望んではいても、自身が必要とするサービスが問題解決であるという考えを容易に変えたりすることはないし、問題解決の方向を自分が決める自由は確保したいと願っているのが普通である。

だから希望するサービスを利用しないほうが望ましい理由や、その根拠はより丁寧に説明して理解を得ないと、その後の信頼関係構築に繋がらないばかりではなく、本当の意味で生活課題解決に向けた介護計画が立案できなくなる。

このことを「説得」により解決しようとしたり、押し付けたりする場合、介護支援専門員は無意識のうちに利用者に従族的役割をとらせることになり、利用者は操作・操縦されていると感じ、自らが「猿回しの猿」を演じていると感じてしまうかもしれない。これが一番援助関係としては「まずい」状態を生む。

介護支援専門員は、利用者が「適切な情報や知識が与えられていないことにより情緒的混乱が生じて問題の整理ができていない」という視点に立って、介護支援専門員の調査や判断を「わかりやすく」説明し、利用者の気持ちを受け止め共感しながら、共に生活課題を解決する姿勢を示す必要がある。そして複数のサービスの中から、何がどのように必要とされているかを説明しつつ、その最終決定は利用者自身にあるという前提に立つためにも、利用者がサービス資源の意義を比較検討できる機会を与えなければならない。そのうえで専門的助言として利用者に最も適したサービスが自らの潜在的能力をも引き出すという共感的理解を得るように努めなければならない。

高齢者であっても、自らの問題解決能力は失われていないし、適切な説明と助言により、利用者自身が生活課題に対してよりよい洞察を得て自らを助ける力が生まれるという可能性を否定してはいけない。そのためには利用者の訴えを傾聴して、受け止めるという理解的態度が不可欠である。

そういう日常の積み重ねが信頼に繋がり、やがてそのことがニーズに即したサービス計画に繋がっていくもので、最初から最善の計画が作られなければならないという呪縛から逃れることも一方では必要である。

不適切なサービス利用を切り捨てることは簡単だが、その時に利用者が納得する形で説明責任を果たし、それに加えて、利用者が自らその問題に気がつくような援助関係を築いているかということが、今後の介護支援専門員の社会福祉援助者としてのアウトカムに繋がっていくだろう。

介護・福祉情報掲示板(表板)

(↓1日1回プチッと押してね。よろしくお願いします。)
福祉・介護人気blogランキングへ
(↑アドレスをクリックすれば、このブログの現在のランキングがわかります。)