国から言わせれば、介護保険制度や報酬改訂の意味の一つは介護サービス事業者への通信簿という意味だそうである。(厚生労働省某専門官:談)

18年の制度改正では、居宅介護支援の通信簿=介護保険制度におけるケアマネジメントの通信簿は、ケアマネジャーを介護予防サービスプランでは主役の座から、下請けの座に引きずり下ろして「お前達のケアマネジメントでは介護予防はできない。」と評価している。

さらにケアマネジメントの評価は介護サービス分野でも、複雑怪奇な減加算ルールを多重構造で作り上げ、ルールでがちがちにしないと勝手なことをやる連中と介護支援専門員を評価している。

しかもおかしなことに事業者への評価加算は、介護支援専門員が複数所属する大規模事業所にしか適用できず、中立・公平なケアマネジメントを目指して独立して、小規模ではあるが心の通った高品質なケアマネジメントを行いサービス計画を立てている事業者は切り捨てられている。

その理由は、単独で営業しておれば病気等で倒れた場合、サービス提供ができないからということらしい。複数の介護支援専門員で代替できる体制が必要だということらしいが、この加算を算定する為には「一人当たりの担当計画数が35件以内」という条件があるのだから、実質的に複数の介護支援専門員がいたとしても加算算定を継続しようとすれば、その代替性は「机上の空論」に近い状況といえるのに何ともおかしな理屈をつけるものである。

実際のサービスの質や、公平中立性を評価しない加算ではアウトカム評価といえないではないか。

それは独立中立型居宅介護支援事業者の全国組織が指摘するように「囲い込みをしてきた併設事業所のうち大規模なものがこれを満たす可能性がある」ルールに他ならない。
(参照:スケールメリットの幻想

さらにもっとも理屈に合わない怪ルールである「特定事業所集中減算」については医療系サービスが除かれている理由を、国側はこの3年間まったく説明しようとせず、口を閉ざしたままである。
(参照:「ケアマネジメントの中立性は評価されたか。」 「パブリックコメントは国のアリバイ作り?」)

そしてこのルールを支持している日本介護支援専門員協会も、福祉系サービスにターゲットを絞っていることについて公的な見解を示さず、単に「このルールは出来たばかりで始まりだから・・。」という奥歯にものが挟まったような言葉で支持理由を非公式に幹部連中が語っているに過ぎない。

しかし本当に同協会が「これが始まり」だということが真実ならも4月の介護報酬改訂で、この減算対象サービスが医療系サービスを含めたものに対象拡大されるはずで、それが行われなければ協会がおかしな片肺飛行のルールを支持してきた意味が問われることになるだろう。そのときには、きちんと説明責任を果たさねばならない。
(参照:日本介護支援専門員協会は医療系利益団体にしか過ぎない、と思う。

その結果を見て現場の介護支援専門員の皆さんは、この団体の存在意義を考え直すべきであるし、特別な動機も理由もなく惰性的にこの団体に加入している人は、そのこと自体を考え直すべきである。

国のイエスマン集団となることにより一定の飴をもらうだけの組織に何を期待するのかということを考えてみるべきだろうし、加入すること自体が組織の方針の肯定であるという結果に繋がることの意味を考える必要があるのではないだろうか。

それと今回の居宅介護支援費における報酬改訂で、またぞろ問題になっているのは、要介護度別の段階報酬についてである。

しかしこれは制度当初の要介護度に応じた3段階報酬→要介護度はケアマネジメントの業務量に直接繋がらないとして4種類以上のサービスプランに加算をつけて段階報酬を廃止(15年ルール改正)→サービス種類の数に加算を算定できることで必要のないサービスまで計画していることが問題として加算を廃止し段階別報酬の復活(18年制度改正)というふうに迷走している。
(参照:居宅介護支援費の迷走。

いかに居宅介護支援におけるケアマネジメントのアウトカム評価が難しいといっても、改正のたびに毎回180度違った考え方でルールを変えていくのは政策の継続性がまったくないといわれても仕方ないであろう。何度同じ議論を繰り返すのだろうか。

それとも過去の議論を忘れ去っているとでもいうのだろうか。金と時間の無駄遣い、ここに極まれり・・・。

どちらにしても居宅介護支援費の単価やルールがどのように変わるのか、変わらないのか注目されることとは思う。

しかしそれが通信簿として認めてよい形なのかは大いに疑問である。

むしろその結果から現場の介護支援専門員の側が、この国の評価基準を肯定している業界団体としての日本介護支援専門員協会を評価する必要があるだろう。

介護・福祉情報掲示板(表板)

(↓1日1回プチッと押してランクアップにお力添えをお願いします。)
人気blogランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ

FC2 Blog Ranking
(プチッと押して皆さんのお力でランクアップさせてください。お願いします〜!!)