昨日7月7日は七夕である。しかし明治の改暦後は、月遅れの8月7日に七夕を行う地域も多いはずで、北海道は8月7日が多数派である。(参照:月遅れの七夕

だが当地、登別では七夕は7月7日である。どうやら道内で7月地域と月遅れ8月地域の分かれ目は、ここ登別らしい。登別から札幌よりのすぐ隣の白老町や苫小牧市は8月7日地域で道央・道北部はほとんど8月地域である。逆隣の室蘭市は7月7日で、以降道南地域は7月7日地域がほとんどだから、この境界線は登別と白老の間に引かれるようである。

ところで七夕といえば、「ロウソクだせ。」がつきものであるがこの風習が地域の中からなくなりつつある。(参照:ローソク出せ〜にみる日本の文化の寂しき変換。)

ひとつには地域の人間関係が薄れてきて、見も知らぬ人が住む家に、子供が訪ねることが危険だと考えられるような世情。学校によってはこの「ロウソク出せ訪問」を禁止しているところさえある。なんとも寂しい限りである。

僕の自宅がある地域はそのようなことはないと思うが、毎年訪ねてくる子供の数が減っている。用意したお菓子も余ることが多くなった。

しかも昨日は何と、一人も訪ねてくる子供がいなかった。あいにくの雨模様の平日と言うこともあるのか、他の何かの事情なのだろうか・・。七夕は子供の少なさをいつも実感する日に変わりつつある。

緑風園でも、この日、様々な七夕の行事を昼間から夜にかけて行っているが、この中に子供の姿や声がないのは寂しい。

老人ホームの主役は利用者だというが、こういう日には利用者の方々が子供達に主役の座を渡して歓迎して迎え、その子らの姿を見て、声を聞いて、子や孫の小さな頃の姿を思い出すこともよいだろう。

というより、何の理屈もつけずに、ホームの中に子供達が自然に溶け込んで交流できることは素敵なことである。

そこで毎年、職員の子供や、その友達を中心にして、夜、それらの子供達が緑風園を訪れ、利用者の部屋を「ロウソク出せ〜」と回ってお菓子をもらったり、一緒に飲み物を飲んだり、花火をして過ごしたりしている。

七夕ロウソクだせ七夕居室七夕居室2




今年も夜7時半を過ぎた頃、子供達が訪ねてきた。もう何年もこの訪問に参加してすっかり大きくなった子もいる。こういう成長の姿を毎年感じられることも喜ばしいことである。本来なら行事にしなくとも、地域の子供達が自然に訪れることができればよいのだろうが、車でしか来られない場所でもあり、それは不可能だから、こういう形での行事が続けられている。

来年、再来年も、ずっとその後も、たくさんの子供達の笑顔が、このホームの中で見られることを願ってやまない。

七夕夕涼み会七夕夕涼み会2





こういう子供達の姿が地域の中でいつまでも、そしてもっとたくさん見られるようになってほしいと思う。

介護・福祉情報掲示板(表板)
(↓ランキング登録しています。クリックして投票にご協力をお願いします。)
人気blogランキングへ

にほんブログ村 介護ブログ

FC2 Blog Ranking