時々表の掲示板には、自分の性格が介護の仕事につくには不向きでないかという相談がある。

社交的でない、話下手、暗いといわれる、等々。

つまり介護職員とは利用者とのコミュニケーションが欠かせない職種であるから、ある程度社交的な部分を持った性格で、明るく、人と話すのが得意な人が向いていると考えられているようである。

同時に天使のようなやさしさを持っている人が一流の介護職員になる条件だと考えている人も多いようだ。

しかしそうだろうか。

そもそも明るい性格の人と、暗い性格の人とに決定的な違いがあるのだろうか。

僕は人から暗いといわれることはないが、家の中ではおしゃべりではない。

むしろ無口だ。つまり僕の社交性や明るさは、ある意味で業務や社会生活においてのスタイルに過ぎず、僕自身の本質でないのかもしれない。

少なくとも明るいという部分は、単に僕のある一面にしか過ぎない。

だから僕自身の性格が福祉や介護に向いているとは思っていないし、逆に、明るくない性格の人がこの職業に向いていないとも考えていない。暗い、社交的でないといわれる方は、引っ込み思案なお年寄りの気持ちが誰よりも理解できるのではないだろうか。

それと天使のような、やさしい人なんていない。普通の人でいいんだ。普通に人の心の痛みや哀しみを感じられる感性があれば充分だろう。

普通の人以上のことを求める必要はない。人の不幸をなんとも感じないのは普通とはいえないのだから。

人間は成長するものだから、業務においてデメリットになると思われる部分は、訓練で変えればよい。性格まで変える必要はないんだ。必要な知識や技術として、その場で発揮できる能力として、その人自身のあらたな一面を持てばよい。

掲示板の過去ログの中に『対人恐怖症の学生の介護実習について』というログがある。この学生の指導に当たった兼任CMさんの、学生に対する思い、これは忘れることが出来ない。

介護に携わる職業に就きたいという思いさえ持てれば、人は成長できるんだということが実感できる。ぜひ一度見ていただきたいログである。

ただ、この職業の場合は、人に対する興味がある人が向いていると思う。

興味があるから、一生懸命、行動や発言の理由や原因を探すことができる。想像力こそ、この仕事の重要な能力なのだ。

その興味もそれぞれの個性で変化があってよい。明るくて社交的な性格の人ばかりのホームというのも、騒々しすぎないだろうか。

時には静かに、お年寄りに寄り添って、暖かい眼差しをそっと差し向ける人が必要なときもあるのだ。

冷酷非情で、人を人とも思わず挨拶も出来ない、という極端な非常識人間は困るが、何も社交的な人だけが良い介護者ではないということは言えるだろう。

普通の人が,いろいろな性格の人が出来る介護でなければ、援助される側も困るではないか。

介護・福祉情報掲示板(表板)